アウトプットとは?学んだことが身に付く最高の方法!

Work

アウトプットってなに?

アウトプットって何がいいの?

アウトプットをしたほうがいいと言われますが、実際にどのようにすればいいかわかりませんよね。

アウトプットのことを理解して、今まで以上に効率よくスキルアップしたいものです。

というのも、本などで得た知識を身につけるためには、アウトプットしたほうが効率がいいです。

ただ本を読んだだけ、セミナーに参加しただけだと、実際にはスキルアップできていないことがほとんどです。

今回はアウトプットについて紹介しています。

ぜひ明日からアウトプットをして、今まで以上に効率よくスキルアップしましょう!

アウトプットとは?

アウトプットとは出力することです。

これでは意味がわからないので、アウトプットの説明と一緒にインプットの説明もします。

インプットとは本を読んだり、セミナーに行って話しを聞いたりすることで、知識を増やしていくことです。

そしてアウトプットはその知識を出力すること。

例えば本で読んだことを誰かに話したり、ブログに書いたりすることです。

ではアウトプットすると、どんな効果があるのでしょうか?

アウトプットの効果

長期記憶される

アウトプットすることで情報を長期記憶することができます。

人間の脳は重要でない情報は忘れるようにつくられています。

重要な情報とはインプットしたあとに何度もアウトプットされる情報です。

逆にインプットしたけど、アウトプットされない情報は覚えている必要がないですよね。

つまり情報を記憶に定着させるためには何度もアウトプットする必要があります。

英単語の暗記と同じで、忘れる前に復習して再度覚え直すことで長い期間記憶に定着させることができます。

成長することができる

アウトプットすることで、成長することができます。

本などで得た知識は誰かにに話しをしたりすることで記憶に定着します。

本読んだけど内容を全然覚えてないことってありませんか?

これはインプットだけをして、その後のアウトプットができていないからです。

月に本を10冊読む人と、月に本を3冊読んでアウトプットする人ではどちらが成長するでしょうか。

間違いなく月に本を3冊読んで、3冊アウトプットをする人です。

いくらインプットしても、アウトプットしない限り記憶に定着しません。

アウトプットの方法

話すことでアウトプットする

話すことでアプトプットをする方法です。

例えば…

  • 読んだ本の内容を誰かに話しをする
  • 得た知識を誰かに説明する

などです。

特に学んだ知識を誰かに説明するのが簡単で大きな効果があります。

例えば授業で覚えたとことを友達に教えると、普段より自分の覚えも理解度も高くなった経験をしたことありませんか?

誰かに説明するというのは、わからない人にわかるように教えなくてはいけないので、教える側の理解度がより高くないといけません。

誰かに教えるというのはとても効果の高いアウトプットの方法です。

友達に勉強を教える場合、教える側はわかりやすく説明しなくてはいけないので、より内容をしっかりと理解してわかりやすく説明しなくてはいけません。そうすると教えている側のほうが大きく成長することができます。つまりこの教えるというのがアウトプットになります。学んだ知識を誰かに教えるというのは、とてもいいアウトプットの方法です。

書くことでアウトプットする

書くことでアプトプットする方法です。

例えば…

  • メモを取りながら本を読む
  • 日記を書く
  • ブログを書く

などです。

個人的にオススメなのがやっぱりブログですね!

僕もこのブログをアウトプットの場にしようと思い始めました。

読んでくれる人のことを考えて書かないといけないので、書く内容をしっかり理解する必要があります。

行動することでアウトプットする

行動することでアウトプットする方法です。

例えば…

  • ビジネス書などで学んだことを実践
  • セミナーなどで学んだことを実践する

などです。

ビジネス書を読んだり、セミナーに行ったりしても実際に行動を起こさないと身に付きません。学んだことは積極的に実行してみましょう。

アウトプットのメリット&デメリット

アウトプットのメリット

アウトプットのメリットはずばり圧倒的な成長です!

インプットしてアウトプットをすることで、知識が身になっていくのでぐんぐん成長できます。

そしてほとんどの人がインプットばかりしているので、アウトプットをしっかりすることで、その人たちとの差がどんどん広がっていきます。

アウトプットのデメリット

アウトプットのデメリットは慣れるまでがしんどいです。

インプットするのは本を読めばいいのですが、アウトプットするにはその本の内容を人に説明できるように理解しないといけません。

なので何度も読み返すことになりますし、下手したらその本と長い付き合いになることもあります(笑)

ということでアウトプットを今まであまりやってこなかった人は、慣れるまで大変です。

挫折しないアウトプットのコツ

アウトプットしんどいー!って人に挫折しないアウトプットのコツを紹介します。

僕は本を読んだらブログでアウトプットをするようにしているのですが、本に書いてある内容すべてをアウトプットしようとすると死ぬほど大変なので、本1冊につきその本から3個のことをアウトプットするようにしています。

3個に限定すると、どれをアウトプットすると効果的なのかを考えながら読むので理解度も高まります。

とりあえず気になるところに付箋を貼っておいて、読み終わったとアウトプットするかどうか判断します。

そして3個アウトプットしたら次の本を読む感じです。

まとめ

アウトプットすることで知識が血となり肉となります。

成長するためにアウトプットは不可欠です。

この記事を読んだらあなたもアウトプット(行動)しましょう!

内容を忘れない本の読み方!本の内容をアウトプットすることが重要

2019年1月28日

スポンサードリンク