タイピングが速くならない!さらにタイピングを速くする方法

仕事

ある程度タイピングが速くなったけど、これ以上タイピングが速くならない!

もっとタイピングが速くなりたいけど、どうすればいいの?

今よりさらにタイピングが速くなる具体的な方法を知りたい!

 

タイピングの練習をして、ある程度タイピングが速くなると、一定のところで壁にぶつかります。

こればかりは無限にタイピングが速くなるわけでないので、一定の速さまでいくと成長が止まってくるのは当たり前です。

ただ、タイピングに慣れてくると上達する意識も低くなってくるので、今一度あなたのタイピングを見直せばまだ伸びしろがあるのも事実です!

そこで、今回はある程度タイピングが慣れてきた人が、さらにタイピングを速くするためにどうすればいいのかを紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、あなたの限界を突破しちゃいましょう!

タイピンがめっちゃ速い人の特徴

タイピングがめちゃくちゃ速い人は、本当に基本がしっかりとしています。

タイピンが速い人の特徴をみて、あなたに足りないところがないか再確認してみましょう。

ミスが少ない

タイピングが速い人はとにかくミスが少ないです。

キーを押すスピードがいくら速くても、ミスが多いと結局打ち直しになるので、タイピングが遅くなってしまいます。

正確にタイピングするのが重要です。

苦手のキーがない

タイピングが速い人は、苦手のキーがありません。

苦手のキーが少ないので、タイピングのミスも少なく、打ち直すこともないので短時間に多くの文字を打つことができます。

ある程度タイピングが速くなると苦手なキーを放置しがちなので、苦手なキーがないか再確認しましょう。

ショートカットを覚えている

タイピングが速い人は、ショートカットを多用しています。

ショートカットを多用するので、キーボードを打つ回数がそもそも少ないです。

タイピングゲームではショートカットを使わないので、なかなか覚えられません。

エクセルやワードなどよく使うソフトのショートカットから覚えていきましょう。

さらにタイピングを速くする方法

さらにタイピングを速くする方法は、基本的にタイピングゲームを使えば問題ありません。

タイピングゲームを完璧にクリアできるまで上達すれば相当なレベルです!

ただ闇雲にタイピングゲームをしているだけでは、今より成長することができないので、しっかりと課題を持って練習に取り組みましょう。

基本を見つめ直す

ある程度タイピングが速くなると、基本を気にしなくなってしまいます。

というのも、周りと比べて速いから、これ以上速くなっても意味がないと考えがちです。

それだとさらにタイピングを速くすることができないません。

そこで基本を一度確認しましょう。

 

  • どこのキーを打つときもキーボードを見ないで打てるか?
  • キーに対応した指でキーを打てているのか?
  • キーボードのサイズは合っているのか?

 

もし気にあるところがあったら、改善するようにしましょう!

ミスをできるだけしないように意識をする

ミスを減らすだけでタイピングはかなり速くなります。

タイピングゲームで練習するときにタイピングが遅くなってもいいので、できるだけミスがないように練習を心掛けましょう。

また、漢字に変換するタイミングも短すぎないか、長すぎないか気にするようにすればリズムよくタイピングができるようになります。

苦手なキーを見つける

苦手なキーを見つけて、克服することでタイピングを速くすることができます。

苦手なキーはタイピングゲームをプレイすれば、判定してくれるので参考にしましょう。

僕はキーボード上部の数字を押すのがずっと苦手で、練習をせずに放置していたのですが、さすがに苦手すぎてまずいと思い練習するようにしました。

苦手なキーを練習することで、なぜか他のキーの精度も上がり、より速くタイピングができるように!

苦手で放置しているキーがあったら、苦手を無くすように意識をして練習をしましょう!

ショートカットキーを覚える

ショートカットキーを覚えると、めちゃくちゃタイピングが速くなります。

タイピングというか、仕事が速くなります。

まだショートカットキーを覚えていない人は、覚えるようにしましょう。

エクセルやワードなどでよく使うソフトのショートカットキーから覚えていくと効率的です。

けっこう他のソフトでも、同じようなショートカットキーを使います。

同僚のプログラマーのモニターを見ていると、ウィンドウが頻繁に切り替わり、一瞬でカーソルが移動したりするので、何が起こっているかモニターを見ていてもよくわかりません(笑)

最低限覚えておきたいエクセルのショートカットキーを『これだけは!エクセルの便利なショートカットキー【作業効率が必ず上がる!】』でまとめてるので参考にしてみてください。

キーボードを変える

あなたに合ったキーボードを使うことで、タイピングが速くなります。

キーボードが小さすぎたり、押しにくかったりするとタイピングが遅くなってしまうことがあります。

単純に使いづらいキーボードを使っていませんか?ってことなのですが、毎日キーボードを触るのなら道具にはこだわったほうがいいです。

僕は会社のキーボードが使いずらかったので、キーボードは自腹で購入して会社で使ってます。

キーボードの押す感じや、押したときの音ってけっこう重要です!

キーボードの選び方や安いオススメのキーボードを『【2020年】安いけど後悔しないオススメのゲーミングキーボードを紹介【とりあえずこれを買え!】』で紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

ある程度タイピングが速くなったら、あとは無駄なことを削ぎ落していく作業です。

 

  • 基本をしっかり守る
  • タイピングミスをなくす
  • 苦手なキーを無くす
  • ショートカットを覚える

 

ただ、タイピングを速くするのは終わりがないので、仕事で速くしたいぐらいだったらほどほどにしておいてもいいと思います(笑)

タイピングが好きでとにかく速くしたい人は、どんどん練習して極めましょう!

関連記事

スポンサードリンク