【作業効率が爆上】コピペツールClibor(クリボー)のダウンロード、使い方、設定まで簡単に解説

Work

毎回同じ内容のものをコピペするのがめんどくさい!

前にコピーした内容をまた使いたい!

いちいちコピペする作業がうっとおしい…。

このような悩みを、Clibor(クリボー)はすべて解決してくれます。

僕もこのClibor(クリボー)を使うようになってから、1時間かかっていた作業が35分まで短縮することができました!

今は作業をするときには、なくてはならないツールとなっています。

そこで、今回は超便利なんコピペツールであるClibor(クリボー)の、インストールから使い方まで簡単にご紹介したいと思います。

Clibor(クリボー)には様々な機能がありますが、今回紹介するのは基本的な使い方なので、複雑な設定などしなくても大丈夫です!

まずは、基本的な使い方をマスターしてから、あなた好みにカスタマイズしましょう♪

基本的な使い方だけでも、作業効率は間違いなく上がるので、ぜひClibor(クリボー)を使ってみてください。

マジでオススメです。

コピペツールclibor(クリボー)とは?

Cliborはクリップボードの履歴(テキスト)を管理することができます。また普段よく使うワードを定型文として登録し、いつでもクリップボードに保存することができます。

これだとよくわからないですよね!(笑)

Cliborがどんなツールなのか簡単に説明していきます。

Cliborの特徴

以前にコピーした内容を覚えてくれる

Cliborは以前にコピーした内容を覚えていてくれます。

例えば「サボテン」という単語をコピペしてから、その次に「バナナ」という単語をコピペしたら、ひとつ前の「サボテン」を再度コピペしたい場合は、「サボテン」という文字を再びドラッグしてからコピーしないといけませんよね。

しかし!Cliborを使えば、前にコピーした内容を覚えていてくれるので、サボテンを再びドラッグしてコピーする必要がなく、すぐにサボテンをペーストすることができます。

Cliborはこんな感じで、過去にコピーした内容を記憶しておいてくれます。

上の画像で言うと、Cliborのクリップボードを開いて、キーボードの3を押せば、「How to use clibor」がすぐにペーストすることができます。

実際の操作の手順は、

Ctrl×2(クリップボードを開く)→3(3にある内容をペースト)

ってな感じで一瞬で終わります。マウスをいちいち操作しなくていいので、作業がめちゃくちゃ早くなります。

定型文も登録できる

Cliborは定型文も登録することができます。

よく使う文章などを登録しておけば、すぐにペーストすることができます。

例えば…

株式会社〇〇 〇〇様

いつも大変お世話になっております。
株式会社〇〇の山田です。

この度は、お忙しい中、貴重な時間を割いていただき誠にありがとうございました。
この度△△について〇〇様から詳しくお話をお伺いすることができ、大変参考になりました。 打ち合わせの中でいただいたご要望やご意見をまとめて、さらに△△の製品制度を高めていく所存でございます。

また、ご不明な点等ございましたらご連絡ください。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このような文章を毎回キーボードで打っていたら、時間が掛かってしょうがないですよね!

これをCliborに登録して、ショートカットキーを設定しておけば…

Ctrl+1

で入力が終わります。

Ctrl+1はあくまで例です。どのキーをショートカットキーにするかは、自由に設定できます。

 

とうことで、こんな便利なツールを使わない手はないですよね!とうか使ったほうが絶対に作業効率が上がります。使っていない人とは、確実に差ができるので、もし他の人よりもさっさと作業終わらせたいぜー!って方には必須ツールです。

Clibor(クリボー)のダウンロード&起動方法

Cliborのダウンロード方法

では早速Cliborをダウンロードしてみましょう!

Cliborのダウンロードはこちら

Cliborは、上記リンクから、ダウンロードすることができます。。

上記のリンクをクリックして、Cliborのページが表示されたら「ダウンロードページへ」というボタンをクリックします。

ダウンロードページに切り替わったら、「このソフトを今すぐダウンロード」のボタンをクリックすれば、Cliborのダウンロードが始まります。

Cliborの起動方法

ダウンロードボタンをクリックしたら、圧縮されたファイルがダウンロードされます。

次に圧縮されたファイルを解凍します。

 

ダブルクリックで解凍するか、もしくは右クリックでポップアップメニューを開いて、「解凍」を選択して、「デスクトップに解凍」をクリックして解凍します。

解凍がない場合は、「すべてを展開」を選択してクリックします。

 

解凍ができたら、Cliborのファイルが開かれます。

Cliborのファイルが開かれたら、Clibor.exeをクリックします。

 

Clibor.exeをクリックしたら、初回起動時のみ上記の画面が表示されます。

Cliborを始めるをクリックして、Cliborを起動します。

 

Cliborを起動したら、タスクバーにCliborのアイコンが表示されます。

Clibor(クリボー)の使い方・最低限したい設定

Cliboroの使い方

Cliborを起動したら、もうこれでCliborを使うことができます。

試しに何かをコピーしたあとに、Ctlrを2回押してみましょう!

そうすると、コピーした内容がCliborのクリップボードに表示されています。

クリップボードを表示して、再度使いたい内容をクリック、または対応した数字のキーを押すと新しくコピーされます。

例えば、2のお肉大好きを再度使いたい場合は、2を押すかお肉大好きをクリックしてコピーをします。

ただ、初期設定ではコピーされるだけで、自動で貼り付けをしてくれません。

クリックまたは対応した数字を押した瞬間に、ペーストされるように設定を変更しなければいけません。

それでは、Cliborを使いやすくするために、設定の変更を行っていきます。

Cliborの設定

設定画面の開き方

Cliborの設定は、タスクバーにあるCliborのアイコンを右クリックして、ポップアップメニューの中から設定をクリックします。

パソコン起動と同時にCliborを立ち上げる

Cliborは常に起動させておきたいので、パソコンの立ち上げと一緒にCliborも起動するように設定します。

設定方法は簡単で、設定画面の下のほうにある「スタートアップへの登録」をクリックするだけです。

自動貼り付けを有効にする

設定画面の基本動作を選択して、「自動貼り付けを有効にする」にチェックをします。

この設定で、クリップボードの内容をクリック、または対応した数字を押した瞬間にペーストできるようになります。

クリップボードの大きさを変更

初期設定だとクリップボードが小さいので大きさを変更します。

設定画面の「メイン画面」を選択して、「メイン画面の横幅(255~999ピクセル)」の数字を400にします。

ただ、この設定は好みなのであなたの環境に合わせてみましょう!

クリップボードの表示位置の変更

クリップボードの表示位置をキャレット位置に変更します。初期設定では、マウスカーソルがある位置にクリップボードが開きますが、キャレット位置にすると、テキストなどを入力しているときに点滅しているカーソル( | ←これ)がある位置に、クリップボードが開くようになります。

設定画面の「画面表示制御」を選択して、「メイン画面の表示位置をキャレット位置にする(offset:0~9999)」にチェックをします。

カーソルがどこにあるか判別できない場合は、マウスカーソルがある位置にクリップボードが開きます。設定を変更してみて、どっちが使いやすいか試してみてください。

定型文を登録する

Ctrlを2回押して、クリップボードを開きます。

クリップボードを開いたら、定型文のところにカーソルを合わせて、グループ1と書かれたあたりで右クリックを押します。

そうすると、ポップアップメニューが表示されるので、新規登録をクリックします。

 

新規炉登録をクリックすると、定型文の編集画面が開くので、キストエリアに登録したい文章を入力します。

このまま登録を押してもいいのですが、よく使う定型文の場合はホットキーの設定もしておくと便利です。

ホットキーに登録したキーを押すと、瞬時に定型文が入力することができます。

ホットキーの登録の仕方は、ホットキーとして使いたいキーを実際に押して登録します。

例えば、Ctrl+5をホットキーに登録したい場合は、Ctrlを押しながら5を押して登録します。

クリップボードにある内容を定型文に登録する

クリップボードにある内容を、定型文に登録することもできます。

定型文に登録したい内容を右クリックすると、ポップアップメニューが表示されるので、定型文に登録をクリックしてグループ1をクリックします。

そうすると定型文に登録した内容が新しく追加されます。

定型文をいろいろと登録する方は、グループ分けをすると整理することができます。例えば「お客さん」や「社内」などのグループを作っておけば、状況に合わせて定型文を呼び出すことができます。定型文が増えてきたら使ってみましょう!

まとめ

今回は、作業効率が上がるコピペツールCliborのダウンロードから、使い方、設定の仕方をご紹介しました。

コピペツールCliborは、とても有名なツールなので使っている人も多いですが、知らない人は知らない…。

実際に僕の会社では、使っている人がまったくいませんでした。

Cliborを使えば、使っていない人よりも作業スピードは確実に早いです。

もし、あなたが使っていないようでしたら、ぜひCliborを導入してみてください!

 

エクセルの作業効率を上げたい!という方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

»これだけは!エクセルの便利なショートカットキー【作業効率が必ず上がる!】

人気記事»現役のWebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール

スポンサードリンク