ブログの記事、何文字以上書けばいい?文字数は考えないでOK!

SEO

よくブログは何文字以上書けばいいのでしょうか?と聞かれることが多いです。

ブログを書くのは大変ですし、どれだけの文字数を書けばいいのか悩んでる人が多いのではないでしょうか。

何文字以上だとSEOに効果的なの?

結局悩んでるとこはSEOに効果がある文字数はいくつなのか!?ですよね!

自分は文字数を目標にするのは意味がないと思っています。

いくら長文を書いても検索順位が上がらないものは上がりません。

逆に短い文章でも上がることがあります。

なんでそんな現象が起こるのか紹介していきます。

ブログ記事を書くときの参考にしてみて下さい。

文字数は関係ない!記事の質をよくすることを考えて記事を書く

結論から言うと質の高いブログ記事がGoogleに評価されて検索順位の上位にあがります。文字数は関係ありません!

100文字だろうが、10000文字だろうが、質の悪いブログ記事は検索上位に上がることはないです。

じゃー質の高いブログ記事ってなんだ?ってことなんですけど、質が高いブログ記事=検索しているユーザーのニーズに100%応えられているブログ記事です。

 

例えば…

「自転車 乗り方」で検索しているユーザーがいるとします。

このユーザーは自転車の乗り方を知りたいというニーズがあります。さらに言うならば自転車に乗れるようになりたい!というニーズです。

このキーワードに対してどんなブログ記事を書けばいいのか考えてみましょう!

 

ブログ記事A
テキストだけで、自転車の乗り方を説明しているブログ記事。

 

ブログ記事B
写真を使って、乗り方の説明をしているブログ記事。

 

ブログ記事C
テキスト、写真、動画を使って、その記事を見ただけで自転車の乗り方がわかるブログ記事。
このブログ記事を読むだけで、なんと自転車に乗れてしまう。

 

さて、同じキーワードを狙ったこれらのブログ記事で検索上位に来るブログ記事はどれになりますか?

間違いなくブログ記事Cが上位に上がってきます。

ブログ記事Aが1万文字書いていても、記事Cの内容には勝てないでしょう。

なんたって、ブログ記事Cを読むことで自転車に乗れるようになれるから!

ユーザーのニーズに100%応えています。

100%超えた記事が検索上位に上がる!

自転車に乗れるようになるブログ記事を書いて100%ユーザーニーズに応えることができました。

でも、これを超えてさらに質の高いブログ記事を目指します。

100%超えるために必要なのはユーザーが気づいてないニーズを見つけて応える必要があります。

「自転車 乗り方」の例で言うと、自転車の乗り方以外の情報を提供してあげます。

 

例えば…

「まだ自転車に乗れない人は、よく転ぶのでヘルメットとニーパッドをつけて練習したほうがいいですよ!」

「初心者はまずは補助輪をつけてから、ゆっくりと慣らした方が結果的には早く自転車に乗れるようになりますよ!」

 

ユーザーに対して新しい気付きを与えることができると、さらに質の高いブログ記事になります。

でも文字数は気になるんです…

その気持ちよくわかります。

「めっちゃ書いたわー!」と思って文字数を確認すると1,000文字ぐらい。

自分もよくあります(笑)

そんなときは、一旦1000文字ぐらいで投稿しちゃいましょう。

日をおいたら新たに書きたい内容が出てきたりします。

そしたら追記していけばいいんです!

文字数の目安

どうしてもどれぐらいの文字数が必要なのか知りたい人に目安をお教えします。

ユーザーのニーズに答えるために必要な内容を考えてブログを書いていくと、大体3000文字~4000文字ぐらいに落ち着くことが多いです。

自分は3,000文字から8,000文字ぐらいのブログが多いですね。

仕事で10,000文字越えのブログを書いたりしてましたが、検索上位には来ませんでした。

逆に3,500文字ぐらいの記事は3位以内に入っていたりします。

10,000文字で勝てない理由

10,000文字でなんで勝てないんや!と悔しい思いをしましたが理由はわかってます。

上位陣は10,000文字以上記事を凌駕する濃厚なコンテンツを用意してるのです。

 

例えば…

「麻雀 初心者」で検索するユーザーに向けて10,000文字の記事を書くとします。

10,000文字も書いたのに検索で全然上位に行けません。

何故なら上位の人は麻雀初心のキーワードを狙ってWebサイトを公開しています。

麻雀初心者のためだけの濃厚なWebサイトです。

こんなんブログ1つ上げたぐらいでは勝てないです…。

これに対抗するには「麻雀 初心者」で検索してくるユーザーのためにいくつもブログを書いていくしかありません。

「麻雀 点数 読み方」・「麻雀 役」・「麻雀 席の座り方」・・・など色々なキーワードのブログ記事を作って、それらをまとめたブログ記事を書き、そのまとめたブログ記事のキーワードを「麻雀 初心者」にします。

ビッグワードはこのように攻略していかないとSEOで上位を取るのは難しいです。

※「麻雀 初心者」は例えなので、このキーワードがどんなキーワードかは調べてません。

 

キーワードからブログ記事を書く方法はこちらを参考にしてみてください。

»キーワードからブログを書く方法!これをやれば検索上位達成!

まとめ

文字数を意識せずに、ユーザーのニーズに応えることを1番に考えて記事を書けばいい結果が出ます。

とういかユーザーのニーズに答えるために、どんなコンテンツが必要か?を考えて記事を作ると必然と文字数は増えてきます。

あなたのブログを読むことによって、ユーザーにどうなって欲しいのかを書く前に決めておくと書きやすいです。

今回のブログが少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク