ブログ記事って文字数どれぐらいがいいの?文字数は気にしなくてOK!

ブログ書き方

ブログって何文字以上書けばいいの?

ブログで何文字以上書けばアクセスが集まる?

どれだけの文字数を書けば、アクセスが集まるようなブログになるのか目安があると安心しますよね!

ただ、ブログの文字数は目安があるようで実はないんです。

というのも文字数が多ければ検索上位になるかと言えばそうでもないですし、文字数が少なくても検索上位になることも多いです。

そこで大事なのが、文字数にとらわれることなくブログ記事を書けるようになること!

そこで今回は、検索順位と文字数の関係について紹介したいと思います。

ブログ記事の文字数を気にしてブログを書いている方は、ぜひ参考にしてみてください♪

ブログ記事の文字数は2000文字~4500文字ぐらい

ユーザーが知りたいと思っていることに対して、丁寧にブログを書いていくと大体2000文字~4000文字ぐらいに落ち着くことが多いです。

ただ勘違いしちゃいけないのが、2,000文字達成するためにブログ記事を書くのではなく、ユーザーの知りたいことを丁寧に書いた結果2,000文字になるということです。

ブログ記事の文字数は気にしない

ブログ記事の文字数は気にする必要はありません。

なぜなら、内容がしっかりしている質の高いブログ記事が検索上位に上がってくるからです。

例えば、1万文字だけど有益な情報が載っていないブログ記事と、1,000文字だけど有益な情報が載っているブログ記事なら、1,000文字のブログ記事のほうが評価されるということです。

質の高いブログ記事とは

質の高いブログ記事とは、検索しているユーザーのニーズに100%答えているブログ記事です。

「自転車 乗り方」で検索しているユーザーがいるとします。

このユーザーは自転車の乗り方を知りたいというニーズがあります。

さらに言うならば「自転車に乗れるようになりたい!」というニーズです。

このニーズを満たすことができるブログ記事が検索上位に表示されます。

検索上位にくるブログ記事

「自転車 乗り方」で検索しているユーザーに対して、どんなブログ記事を書けばいいのかを考えてみましょう。

ブログ記事A

テキストだけで、自転車の乗り方を説明しているブログ記事。丁寧な説明で乗り方をなんとなく理解できた。

ブログ記事B

写真を使って、乗り方の説明をしているブログ記事。写真付きの説明でわかりやすく自転車の乗り方をイメージできた。

ブログ記事C

テキスト、写真、動画を使って、その記事を見ただけで自転車の乗り方がわかるブログ記事。

細かい動きなど動画や写真で説明していて、試した結果実際に自転車に乗ることができた。

このA、B、Cのブログ記事に検索順位をつけるならこうなります。

  1. ブログ記事C
  2. ブログ記事B
  3. ブログ記事A

ブログ記事Aが1万文字書いていても、記事Cの内容には勝てないでしょう。

それは自転車に乗りたいと思っている人が、ブログ記事Cを見ることで自転車に乗れるようになれるからです。

100%超えた記事が検索上位に表示される

自転車に乗れるようになるブログ記事を書いて100%ユーザーニーズに応えることができました。

でも、これを超えてさらに質の高いブログ記事を目指します。

100%超えるために必要なのはユーザーが気づいてないニーズを見つけて応える必要があります。

「自転車 乗り方」の例で言うと、自転車の乗り方以外の情報を提供してあげます。

  • まだ自転車に乗れない人は、よく転ぶのでヘルメットとニーパッドをつけて練習したほうがいいですよ!
  • 初心者はまずは補助輪をつけてから、ゆっくりと慣らした方が結果的には早く自転車に乗れるようになりますよ!

ユーザーに対して新しい気付きを与えることができると、さらに質の高いブログ記事になります。

まとめ

文字数を意識せずに、ユーザーのニーズに応えることを1番に考えてブログ記事を書けばいい結果が出ます。

ユーザーのニーズに答えるために、どんなコンテンツが必要か?を考えて記事を作ると必然と文字数は増えてきます。

あなたのブログ記事を読むことによって、ユーザーにどうなって欲しいのかをブログを書く前に決めておくと書きやすくなります。

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク