サイトマップを自動生成してくれるPS Auto Sitemapの使い方と設定を解説

WordPress

サイトマップを作りたいけど、自分で作るのはめんどくさい!

サイトマップの作り方がよくわからない…

 

そんなあなたに!WordPressのプラグインPS Auto Sitemapを使えば、簡単にサイトマップを作ることができちゃいます。

PS Auto Sitemapは設定もわかりやすく、初心者の方でもすぐにサイトマップページを作ることができます。

サイトマップページを作ることで、ユーザーにどんな記事があるのかわかりやすく伝えることができ、Googleのクローラーもすべての記事を回りやすくなるので、SEO対策でもプラスになります。

サイトマップは作っておいて損はないので、まだサイトマップを作っていない人は、この機会に作っておきましょう!

この記事ではPS Auto Sitemapのインストールから設定、使い方までわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プラグインのインストール方法などは『WordPressのプラグインとは?インストールの方法まで徹底解説』を参考にしてみてください。

PS Auto Sitemapとは?

PA Auto Sitemapとは、サイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

サイトマップとは、サイト全体の内容をわかりやすく一覧で表示してくれるページのことです。

実際に見てみるのがわかりやすいと思うので、このブログのサイトマップを確認してみてください。

Giraffe Mediaのサイトマップ

上記のサイトマップのページを見てもらうと、カテゴリーごとにどんな記事があるのか、わかりやすく一覧になっているのがわかると思います。

このようなサイトマップを自動で生成してくれるのが、PS Auto Sitemapです。

新しく記事を書けば、サイトマップに自動で記事が追加されるのですごく楽です!

PS Auto Sitemapのインストール

WordPressの管理画面から、①プラグイン→②新規追加→③検索ボックスにPS Auto Sitemapと入力→④インストールをクリックして有効化します。

PS Auto Sitemapでサイトマップページを作る方法

PS Auto Sitemapを使ってサイトマップページを作る手順は2つになります。

 

  1. 固定ページでサイトマップページを作成
  2. PS Auto Sitemapの設定

 

難しくないので、ひとつひとつ確認しながら作成・設定をしていきましょう!

サイトマップページの作成

固定ページでサイトマップページを作っていきます。

投稿ページではPS Auto Sitemapが動かないので注意してください。

  1. 固定ページ
  2. 新規追加をクリック
  3. ページの名前をサイトマップにします
    ※ページの名前はなんでも大丈夫ですが、サイトマップにしてます
  4. パーマリンクをsitemapに設定
    ※パーマリンクは、わかりやすければなんでもOKです
  5. ビジュアルではなく、テキストタブに変更します
  6. 入力欄に<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>と入力
    ※上記コピペでOKです
  7. 公開をクリック

固定ページのIDを確認

ページを公開したら、ブラウザに表示されるURLの赤枠部分の数字をメモしましょう。

この数字が固定ページのIDとなります。

固定ページのIDは、PS Auto Sitemapの設定をするときに、入力する箇所があるのでそこで使います。

 

以上で固定ページでサイトマップページを作ることができました。

次にPS Auto Sitemapの設定を行います。

PS Auto Sitemapの設定

ホームページの出力:チェックを入れると、サイトマップにサイトタイトルが表示されるようになります。特に表示させる必要がないので、チェックは入れません。

投稿リストの出力:チェックを入れると、サイトマップに投稿ページを表示されます。ブログならここに必ずチェックを入れましょう。

固定ページのリストを出力:チェックを入れると、固定ページをサイトマップに表示させることができます。固定ページをメインで作ってあるWebサイトならチェックを入れましょう。(企業サイトなど)

サイトマップを表示する記事:ここに先ほどメモした固定ページのIDを入力します。固定ページのIDを入力しないとサイトマップが表示されません。

出力階層制限:カテゴリーの階層をどこまで表示させるか設定することができます。特に制限をかける必要はありません。

先に出力するリスト:投稿ページと固定ページの両方を表示させる設定にした場合、どちらを上に表示させるかを設定することができます。ブログなら「投稿」にチェックを入れておけば大丈夫です。

カテゴリーと投稿の表示:「同一マップ内」にチェックを入れると、すべての記事が1ページに表示されるようになります。

「投稿を分割」にチェックを入れると、カテゴリーがサイトマップに表示されます。カテゴリーをクリックすると、そのカテゴリーの属している記事の一覧が表示されるようになります。

「投稿を分割」だとユーザーが見にくくなってしまうので、「同一マップ内」にチェックを入れておきましょう。

除外カテゴリー:サイトマップに表示させたくないカテゴリーがある場合は、カテゴリーIDを入力しておくと表示させないようにできます。

除外記事:サイトマップに表示させたくない記事がある場合は、記事のIDを入力しておけばサイトマップにその記事が表示されません。

スタイルの変更:サイトマップのデザインを選ぶことができます。できるだけユーザーが見やすいシンプルなデザインにしましょう。オススメは「ビジネス」「シンプル2」「矢印」です。

キャッシュの使用:キャッシュ系のプラグインを使用している場合は、競合してしまうのでチェックを外しましょう。

 

すべての設定が完了したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

以上でPS Auto Sitemapの設定は完了となります。

サイトマップページへのリンクを追加

サイトマップページの作成・設定が完了したら、サイトマップページへのリンクをメニューに追加しましょう!

使用しているテーマなどで、メニューの表示名など違うと思いますが、基本的な流れは一緒になります。

  1. 外観
  2. メニューをクリック
  3. サイトマップを追加したいメニューを選択します。僕の場合はフッターだけにサイトマップのリンクを設置していますが。ヘッダーのメニューに追加したい人は、両方とも設定する必要があります。
  4. サイトマップにチェックを入れます
  5. メニューに追加をクリック
  6. メニューを保存をクリック

 

以上でサイトマップページをメニューに追加することができます。

ちゃんと追加されているか、実際にページを開いて確認してみましょう!

サイトマップを作るメリット

サイトマップを作るメリットは、ユーザーにどんなコンテンツ(記事)があるのかをわかりやすく見せることができることです。

サイトマップがあることで、ページ観覧数が増えたり、直帰率が下がったりする効果が見込めます。

ユーザーが様々なページを見てくれるようなると、グーグルの評価も上がりSEO対策にもなります。

また、Googleのクローラーもサイトマップがあることで、すべてのページにアクセスしやすくなるため、若干ですがSEO対策にもなります。(これは正直あまり実感はできませんが…)

サイトマップを作るデメリット

サイトマップを作るデメリットは、サイトマップを作る手間がかかるのと、SEO対策に絶大な効果があるかというと、そこまで効果はありません。

サイトマップは、ないよりはあったほうがいいよね!って感じです。

ただ、ユーザーがどんなコンテンツ(記事)があるのか、わかりやすくなるのは間違いないので、サイトマップは作っておいたほうがいいです。

HTMLサイトマップとXMLサイトマップの違い

サイトマップにはHTMLサイトマップとXMLサイトマップの2種類があります。

PS Auto Sitemapは、HTMLサイトマップを作るプラグインです。

それぞれどのような違いがあるか理解しておかないと、混乱するので違いを知っておきましょう!

HTMLサイトマップとは

HTMLサイトマップとは、ユーザーにどんな記事があるのかわかりやすく紹介するためのページです。

今回作成したサイトマップがHTMLサイトマップになります。

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップは検索エンジン向けに、どんな記事があるのか一覧にしたページになります。

なので、ユーザーはXMLサイトマップを見ることはありません。

XMLサイトマップの作成方法は「Google XML Sitemapの設定・使い方を徹底解説」で紹介しているので確認してみてください。

まとめ

WordPressのプラグインPS Auto Sitemapを使えば、簡単にサイトマップを作ることができます。

サイトマップを設置する手順はふたつになります。

  1. 固定ページでサイトマップページを作成
  2. PS Auto Sitemapの設定

サイトマップページを作れば、ユーザーにどんなコンテンツ(記事)があるかわかりやすく伝えることができ、SEO対策にもプラスになります。

作っておいて損はないので、まだサイトマップを作ってない人はぜひ作っておきましょう!

WordPress関連記事

スポンサードリンク