Webデザイナーってやりがいあるの?Webデザイナーを目指すか迷ってる人へ!

Webデザイン

Webデザイナーってどんなときにやりがいを感じるの?

Webデザイナーをやっててよかったな!って思うときってどんなとき?

Webデザイナー目指してみたいけど、目指すか迷ってる…

 

Webデザイナーの仕事って、実際に現場で働いていない限りどんな仕事をしているか見えないですよね。

なので、Webデザイナーってぶっちゃけどうなのよ!?って思っている人も多いはずです。

結論から言うとWebデザイナーはとてもやりがいのやる仕事です。

自分が制作したWebサイトが多くの人に見られ、そのWebサイトから問い合わせや商品の購入があるとめちゃくちゃ嬉しいです。

そこで、今回はWebデザイナーの仕事をしていて、やりがいを感じるポイントを紹介していきたいと思います。

実際に僕がWebデザイナーの仕事をしていて、やりがいを感じたことをまとめているので、これからWebデザイナーを目指したいなと思っている方は参考にしてみてください。

この記事でのフリーランスのWebデザイナーではなく、Web制作会社でWebサイトの制作をしている人たちを紹介しています。

Webデザイナーの仕事は様々ある

Webデザイナーと言っても様々なポジションがあります。

Webサイトの制作で関わる人たちは大きく分けて3つのポジションがあります。

 

  1. フォトショップやイラストレーターなどでWebサイトのデザインをする人(デザイナー)
  2. デザイナーがデザインしたWebサイトをWeb上で見れるようにするためにプログラミング・マークアップをする人(コーダー)
  3. お客さんと打ち合わせをして、Webサイトの構成やデザインの方向性などをデザイナーやコーダーに指示を出す人(Webディレクター)

 

上記以外にもイラストが必要だったら、イラストレーターに仕事を依頼することもありますし、システムを作る必要が出たらシステムエンジニアに仕事を依頼することもあります。

今はこのように分業してWebサイトを制作している会社が多いと思います。

ポジションによって、それぞれやりがいを感じるポイントが違うので、ポジション別にやりがいを感じるポイントを紹介していきます。

Webデザイナーの仕事でやりがいを感じるとき(ポジション別)

仕事のやりがいをどこで感じるかは人それぞれです。

今回紹介させている内容は、実際に僕の経験だったり、僕の周りの人たちの意見だったりを参考にさせてもらってます!

デザイナーがやりがいを感じるポイント

  • デザインが一発で通ったとき
  • 新しいデザインに挑戦するとき
  • 自分がデザインしたWebサイトでサービス・商品が売れたとき
  • お客さんにデザイナーの指名をされたとき

 

デザイナーは、自分が制作したデザインを認められたときが最もやりがいを感じるかもしれません。

僕もWebデザイナーになって、初めて制作したデザインが公開されたときは、とても感動しました。

コーダーがやりがいを感じるポイント

  • 効率よくコーディングができたとき
  • 難しいデザインをコーディングに挑戦するとき
  • 新しいスキルを使えるようになったとき
  • 予想より早くコーディングが終わったとき

 

僕はコーディングは得意じゃないのですが、デザイナーが制作したデザインを完璧に再現できたときにやりがいを感じました。

また、コーディングは速さも求められるので、効率的にどうやって仕事を進めて行くかというのを考えるのもやりがいを感じるポイントです。

Webディレクターがやりがいを感じるポイント

  • お客さんの要望通りにWebサイトができたとき
  • 担当したWebサイトから成果がでたとき
  • デザイナー・コーダーの作業量を減らせたとき
  • 無事に案件が終わったとき

 

Webディレクターは、お客さんの取材からWebサイトの納品まで、すべての工程に関わります。

スケジュールを考えながらデザインの指示、コーディングの指示、お客さんとの打ち合わせなど行っていきます。

スケジュール通りにWebサイトが納品できて、その後Webサイトからのお問い合わせなどが増えたとお客さんから言われたときはとても嬉しいです。

Webディレクターはお客さんと直接かかわるポジションなので、大変なことも多いですが、お客さんから直接感謝されることも多いため、やりがいを感じることが多いポジションです。

全ポジション共通でやりがいを感じるポイント

  • 新しいことにみんなで挑戦するとき
  • Webサイトを納品したとき
  • 制作したWebサイトから成果がでたとき

 

デザイナー、コーダー、ディレクターとポジションはありますが、制作しているWebサイトはひとつです。

チームでひとつのWebサイトを制作しているので、そのWebサイトが完成したらみんな嬉しいです!

Webデザイナーって個人で仕事をしているように見られがちですが、チームで話し合いながらWebサイトの制作を進めるのがほとんどです。

Webデザイナーの仕事で辛いと感じるとき

Webデザイナーの仕事をしていて、やりがいを感じたり、嬉しいと思ったりするときは多いのですが、もちろん辛いと思うときもあります。

ぶっちゃけ辛いときはけっこうあります(笑)

 

  • デザインが全然OKをもらえない
  • 納期が近いけど全然制作ができていない
  • めんどくさいコーディンが大量
  • お客さんの言ってることが意味不明
  • お客さんからイメージと全然違うとクレーム

 

代表的なのだとこんな感じですかね…。

他にもディレクターともめたり、融通の利かないデザイナーやコーダーがいたり、内部でトラブルがあったりもします(笑)

どの会社でも同じようなことはあると思うので、Webデザインに限った話ではないと思いますが!

辛い・きつい話しはいろいろとあるので、よろしければ下記記事も目を通してみてください(笑)

»Webデザイナーはきつい!と思ったときを現役Webデザイナーが紹介

»Webデザイナーマジつらい!と思ったときの解決方法

これからWebデザイナーを目指す人へ

もしあなたがWebデザイナーを目指すかどうか悩んでるんだったら、目指しちゃいましょう!

悩んでいて、目指さなかったらきっと将来目指さなかったことを後悔すると思うんですよね。

迷ってるんだったら目指しちゃいましょう!

僕もWebデザイナーって特殊な仕事で専門学校とか出てないと慣れないと思ってましたが、ちゃんと勉強すればWebデザイナーになれます。

30歳手前でWebデザイナー目指しましたが正社員で雇用されました。

やってみたいという気持ちがあれば、チャレンジしてみましょう!

Webデザイナーを目指してみたいと思っている方は『Webデザイナーに向いている人とは?悩んでいるならWebデザイナーになってしまえ!』も参考にしてみてください。

まとめ

Webデザイナーの仕事でやりがいを感じるポイントをまとめると、

 

  • Webサイトを納品したとき
  • 制作したWebサイトから問い合わせが増えたなど成果がでたとき
  • 新しいことに挑戦するとき

 

になります。

ただ、前向きに仕事をしていないと何をやってもやりがいを感じなくなってしまうので要注意です!

人気記事»現役のWebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール

関連記事

スポンサードリンク