Webデザイナーのアルバイトって実際どうなの?1日のスケジュールと仕事内容を紹介

Webデザイン

Webデザイナーのアルバイトに興味があるけど、どんな感じなのかな?

Webデザイナーのアルバイトってどんなスキルが必要なの?未経験でもなれる?

Webデザイナーのアルバイトが、どんな仕事をしているか具体的に知りたい!

 

Webデザイナーのアルバイトに興味があるけど、実際どんなことをやってるかわからなない人がほとんどだと思います。

応募する前にどんなスキルが必要なのか、どんな仕事をしているのか、ある程度知っておきたいですよね!

事前に情報を集めておけば、採用されてから戸惑うことも少なくなります。

華やかな世界見えて、実際入社してみるとイメージと違った!ってことも多いです。

そこで、今回はWebデザイナーのアルバイトがどんな仕事をしているのか紹介したいと思います。

僕が働いていたWeb制作会社の話しになってしまいますが、他の制作会社でも共通するところは多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

Webデザイナーのアルバイトは未経験でも大丈夫?

Webデザイナーのアルバイトは、まったくの未経験だと採用されません。

ここで言う未経験とは、Webデザインの勉強を一切したことがない人のことを言います。

会社でゼロからデザインやプログラミングを教えてくれないので、Webデザイナーとしての基礎的なスキルは必要です。

実務は未経験だけど、個人でWebサイトを制作したり、フォトショップやイラストレーターでイラストを書いたりしている人は、アルバイトで採用される可能性はあります。

やる気次第では、まったくの未経験でも採用する会社はありますが、かなりレアな求人だと思います。

Webデザイナー(アルバイト)に必要なスキル

Webデザイナーのアルバイトをするためにどんなスキルが必要かと言うと…

 

  • Webサイトをデザインしたことがある(バナーなど部分的な箇所でもOK)
  • コーディングをしたことがある(HTML、CSSを使える)
  • イラストをかける

 

この中でどれかひとつでもできれば、Webデザイナーのアルバイトとして採用される可能性があります。

Webデザイナーのアルバイトは、デザイナー・コーダーのサポート的な役割が強いので、部分的な細かい作業を指示されることが多いです。

 

例えば…

  • バナーの制作
  • 画像の切り抜き
  • ポイントで使いたいイラストの制作
  • 簡単なコーディング

などを指示されることが多いです。

Webデザイナー(アルバイト)の仕事を紹介!

僕が以前働いていた制作会社で、アルバイトがどんな仕事をしていたのか簡単に紹介します。

働き方の参考にしてみてください。

Webデザイナー(アルバイト)の仕事内容

アルバイトの仕事内容は、主にデザイナー・コーダーのサポートでした。

具体的な仕事内容は上記で説明したような内容になります。

 

  • バナーの制作
  • 画像の切り抜き
  • 簡単にコーディング
  • 運用しているサイトの簡単な修正

 

基礎的なスキルがあれば特別難しいことはしていなかったですが、細かい作業が多く発生するので、そこそこ忙しいです。

僕はWebデザイナーの仕事をする前は、飲食店やサービス業、トラックの運転手などの仕事をしたことがあるのですが、それらと比べたら…天国です(笑)

Webデザイナー(アルバイト)の1日のスケジュール

10:00~10:30出社&指示を受けている仕事の確認
10:30~13:00バナーなど指示を受けている仕事の制作
13:00~14:00ランチ
14:00~19:00バナーなど指示を受けている仕事の制作

新しい仕事の打ち合わせ

アルバイトでも基本的にずっとデスクワークです。

僕が働いていた制作会社はけっこう自由だったので、イヤフォンで音楽を聴きながら仕事もできましたし、わからないところは先輩デザイナーに教えてもらったりできたので居心地はよかったと思います。

休憩時間も特に決まっておらず、好きなときにご飯を食べに行ったり、コンビニに行ったりすることもできました。

ちゃんと納期を守って仕事をしていれば、働き方はある程度自由にしてよかったです。

Webデザイナー(アルバイト)の時給

Webデザイナーのアルバイトの時給は、地域でかなり差があります。

都内だと1,100円~1,300円ぐらいが多い印象です。

ただ、東京の最低時給が2020年10月現在1,013円となっているので、Webデザイナーのアルバイトはそこまで時給が高いということはないと思います。

地方だと、900円~という求人も多く見かけます。

アルバイトでスキルアップしよう!

時給だけ見ると、Webデザイナーのアルバイトはそこまで稼げるわけではなりません。

ただし!Webデザイナーのアルバイトでいいところは、スキルが身につくということです。

デザインやコーディング、プログラミングに仕事として関わることができるので、学校で勉強するよりもスキルアップのスピードが段違いです。

現場でリアルな制作を見れるのも大きいです。

お金をもらいながらスキルアップができるので、将来Webデザイナーとして食べていきたいと思う人は、アルバイトでもいいのでなんとか潜り込んじゃいましょう!

Webデザイナーの勉強方法

Webデザイナーのアルバイトをするためには、ある程度基礎的なスキルが必要です。

今までWebデザインの勉強をしたことがない人は、半年ぐらいは勉強する必要があります。

具体的に、どのようなことができればいいのかと言うと…

 

  • フォトショップ・イラストレーターを使ってWebサイトのデザインを1からできるようになる
  • デザインしたWebサイトをHTML・CSSを使ってネット上で見れるようにプログラミング(マークアップする)

 

これらがある程度できるようになれば、Webデザイナーのアルバイトに応募することができます。

スキルよってはアルバイトではなく正社員でも採用されます。

未経験からWebデザイナーになる方法は、『【未経験】Webデザイナーになるには?Webデザイナーになる方法は4つ!』で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

イラストを描ける人も需要がありますが、イラストは高いスキルを求められます。というのも専門学校を出ている子がアルバイトで働いていたりするので、イラストのレベルが高いです。ちょっと絵がうまいぐらいだと難しいかもしれません。

まとめ

Webデザイナーのアルバイトは、まったくの未経験では採用されるのは難しいです。

ただ、実務未経験でもある程度基本的なスキルがあれば採用される可能性が高いです。

 

  • Webサイトのデザインができる
  • コーディングができる
  • イラストを描くことができる

 

など、まずは何かひとつでいいので、基礎的なスキルを身につけましょう!

アルバイトとして働くことで、さらにスキルアップすることができるので、アルバイトをひとつの通過点として考えるといいでしょう。

人気記事»現役のWebデザイナーがおすすめするWebデザインスクール

関連記事

スポンサードリンク