メカニカルキーボードとは?特徴や選び方をわかりやすく解説します

ゲーミングデバイス

メカニカルキーボードって他のキーボードと何が違うの?

キーボードってどんな種類があるの?

ちょっといいキーボードを使ってみたい!

 

最近では、様々なメカニカルキーボードが発売されているので、目にする機会が増えてきています。

ただ、メカニカルキーボードが普通のキーボードと比べて、どんな違いがあるのかあまりよくわかりませんよね。

購入する前にメカニカルキーボードの特徴などを理解しておきましょう。

特徴を知っておかないと、使いづらいメカニカルキーボードを買ってしまう可能性が!

そこで、今回はメカニカルキーボードがどんなキーボードなのかを、わかりやすく解説したいと思います。

メカニカルキーボードが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キーボードの種類

キーボードの種類は主に3つあります。

 

  1. メカニカルキーボード
  2. メンブレンキーボード
  3. パンタグラフキーボード

 

メカニカルキーボード
それぞれのキーが独立していてるキーボードです。構造的に耐久性が高く長く使えるキーボードです。ただ、他のキーボードと比べて構造が複雑なため価格が高くなります。

 

メンブレンキーボード
メンブレンキーボードは、デスクトップPCなどで広く採用されているキーボードです。安く購入できるため、会社などではほとんどがメンブレンキーボードが使われています。

 

パンタグラフキーボード
パンタグラフキーボードはノートPCなどで使われているキーボードです。キーストロークが浅く軽いため、疲れにくいのが特徴です。

 

今回は、メカニカルキーボードについて詳しく紹介していきたいと思います!

メカニカルキーボードとは?特徴を解説!

キーが独立している

メカニカルキーボードは、それぞれのキーが独立した構造をしているキーボードです。

それぞれのキーが独立しているので、ひとつのキーが壊れても修理して使うことができます。

キーが独立していないキーボード(メンブレン方式・パンタグラフ方式)は、キーが壊れてしまったらキーボード自体を交換する必要があります。

耐久性が高い

メカニカルキーボードは、金属製のバネや機械式のスイッチで作られているので、耐久性がとても高いです。

5,000万回~1憶回ものキーストロークに耐えることができるメカニカルキーボードが多いです。

キーの交換もできるため、メカニカルキーボードをひとつ買えば長期間使うことができます。

打ち心地が気持ちいい

メカニカルキーボードは、ストロークが深めなので、しっかりとしたクリック感を得られることができます。

また、ストロークが深いと、隣のキーと一緒に押してしまうような打ち間違えが減ります。

ただ、ストロークが深いということは、キーを押す力が必要になるので、長時間使用すると疲れやすいという面もあります。

ストロークとはキーボードのキーを押したときに、キーが下がりきるまでの深さのことを言います。薄いキーボードは、ストロークが浅くなります。

軸を選ぶことができる

メカニカルキーボードの大きな特徴は、軸を選ぶことができることです。

軸の種類は主に5種類あります。

 

  1. ピンク

 

軸によってキーを押すときに必要な力、押した感覚、押したときの音などが変わってきます。

軸によって使いやすさが変わってくるので、それぞれの軸にどんな特徴があるか知っておきましょう!

赤軸

赤軸の特徴

  • クリック感が少ない
  • 軽いキータッチで入力ができる
  • カチャカチャという音が小さい

赤軸は軽いキータッチで入力することができます。

音も静かで場所を選ばず使いやすい軸となっています。

ピンク軸

  • クリック感が少ない
  • 軽いキータッチで入力ができる
  • 静音性特化の軸

ピンク軸は赤軸とほぼ同じような打ち心地ですが、赤軸よりもさらにキーを押したときの音が小さくなっています。

静かなオフィスなどで使う場合にオススメの軸です。

茶軸(迷ったらコレ!)

  • クリック感が感じられる
  • ほどよい重さのキーストローク
  • 音は小さめ

赤軸よりも少しクリック感、キーストロークの重さが強くなったのが茶軸です。

ちょうど中間の軸なので、初めてメカニカルキーボードを買う人にオススメの軸となっています。

青軸

  • クリック感が強く感じられる
  • キーの重みをしっかりと感じられる
  • カチッという打鍵音がり、押し心地が気持ちいい

青軸はゲームをプレイしている人などに人気の軸です。

キーをしっかりと打っているのを感じられるため、気持ちのいいタイピングができます。

ただ、音は大きめなのでオフィスなどで使う場合は注意が必要です。

黒軸

  • 反発の強いバネでキーの戻りが速い
  • クリック感は少し弱い
  • キーの重さはしっかりと感じられる

青軸と似ていますが、青軸のようにカチャカチャと打つ感じは少ないです。

キーを打った感じをしっかりと感じながら、高速で文字を打つのが好みの人にオススメです。

青軸と同様、音は大きめなのでオフィスで使うときは注意してください。

メーカー独自の軸

代表的な軸以外にも様々な軸がメーカーから発売されています。

僕はRazerというメーカーのメカニカルキーボードを使っているのですが、Razerはイエロースイッチ、グリーンスイッチ、オレンジスイッチと独自の軸をキーボードに使用しています。

軸ってどうやって選べばいいの?

人によってどんな感触がいいのかは違うので、実際にお店で触ってみるのが1番いいです。

もしくは、最初のメカニカルキーボードは茶軸など一般的な軸を選び、使い込んでから好みの軸を絞ってもいいでしょう。

いろいろな軸を試してみたい方は、感触を試せる商品が出ています。

メカニカルキーボードを買い換えるよりも安く済むので、失敗したくない人は使ってみましょう!

メカニカルキーボードのメリット・デメリット

メカニカルキーボードのメリット

好みのキーボードを見つけられる
様々なタイプのメカニカルキーボード、軸があるので、自分の好みに合ったキーボードを見つけることができます。

 

タイピングが気持ちいい!
キーを打ったときにしっかりとタイピングした感覚を感じることができるので、入力していて気持ちがいいです。

 

耐久性高い
一般的なキーボードのキーは約1~2千万回のタイピングに耐えるとされていますが、メカニカルキーボードは約5千万回~1億回のタイピングに耐えることができます。

メカニカルキーボードのデメリット

タイピングの音が大きい
メカニカルキーボードはタイピングの音が大きいので、オフィスなどで使う際には注意が必要です。

静音である赤軸でも、普通のキーボードと比べると音は大きいです。

 

価格が高い
メンブレン・パンタグラフと比べて、メカニカルキーボードは高価です。

最近では安いメカニカルキーボードも発売されてきていますが、それでも5千円ぐらいは見ておいたほうがいいでしょう。

 

チャタリングが発生する可能性がある
チャタリングとは、一回キーを押しただけなのに複数回入力されてしまう不具合です。

キーボードが汚れたり、ホコリが溜まったりすると発生することがあります。

メカニカルキーボード特有の不具合で、他のキーボードでは発生しない不具合になります。

実際に僕もチャタリングが発生しましたが、そのときはキーを抜いて掃除することで解決できました。

メカニカルキーボードの選び方

使用する環境に合った軸を選ぶ

どの軸を使うかまずは決めましょう!

軸の決め方なのですが、どんな環境でキーボードを使うのかが重要になってきます。

自宅で使う場合は、タイピングする音に気を使う必要がありませんが、オフィスなどで使う場合は音を気にする必要があります。

代表的な赤軸・茶軸・青軸の特徴を表にしてみたので、参考にしてみてください。

音の大きさ キーの軽さ クリック感※1 用途
赤軸 ★★(小さい) ★★★(軽い) × オフィス
茶軸 ★★(小さい) ★★(軽い) オフィス・ゲーム
青軸 ★★★(大きい) ★★(重い) ゲーム

※1 キーを押して底に達したときに指に伝わる感触

僕は青軸が好みなので、自宅と職場の両方で使っています。

静かな職場ではないので、音を気にすることなく使うことができていますが、それでも最初は音の大きさに気を使いました(汗)

どの軸にするか迷ったら、中間の茶軸を選んでみてもいいと思います。

キーの配列を選ぶ

メカニカルキーボードを選ぶときは、キーの配列に気を付けましょう!

 

  • 日本語配列
  • 英語配列
  • 独自の配列

 

これらを確認しておけば問題ありません。

英語配列のキーボードはカッコイイですが、日本語配列のキーボードと記号の場所などが違うので慣れるまで使いづらく感じます。

また、キーボードのサイズをコンパクトにするために、独自の配列を採用しているキーボードなどもあります。(スペースキーが小さいなど)

通販で買うときは、間違って使いずらい配列のキーボードを買わないように注意しましょう!

テンキーの有無を選ぶ

メカニカルキーボードはテンキーがないことが多いので、必要かどうか検討しましょう。

仕事で使う場合は、テンキーを使うことが多いので必要な人が多いと思います。

キーボードを持ち運ぶことがが多い人、デスクスペースが狭い人は、テンキーがないほうがコンパクトなので使いやすいです。

メカニカルキーボードを選ぶときの注意点

オフィスや周りに人がいる環境でメカニカルキーボードを使う場合は、タイピング音の小さいキーボードを選ぶようにしましょう。

お店でメカニカルキーボードを触って、実際に音を確認をしてみるといいと思います!

ただ、お店だと周りが騒がしいので、音が小さいと勘違いしてしまうので注意してください。

僕は音が小さいと思って買ったメカニカルキーボードが、自宅で使ったら音が大きくてビックリした経験があります。

メカニカルキーボードは比較的静かなものでも、通常のキーボードより音は大きいです。

人気のメーカー

メカニカルキーボード、ゲーミングデバイスを多数発売している有名メーカーを3つ紹介します。

どのメーカーも様々なメカニカルキーボードを発売しているので、好みのキーボードを見つけやすいです。

Logicool(ロジクール)

ロジクールはスイスに本社があるメーカーで、コンピューター周辺機器やゲーミング機器を中心に開発しています。

メカニカルキーボードの種類が豊富なので、好みのキーボードを見つけやすいです。

家電量販店でも、取り扱っているところが多いので、実際に触って選ぶことができるのが強みです。

Razer

Razer(レイザー)は、カリフォルニアに本拠を置くゲーミングデバイスメーカーです。

マウスやキーボードの周辺機器デバイスをメインに扱っていますが、最近ではゲーミングパソコンやスマートフォンなども発売しています。

独自のキー軸採用していて、他のメカニカルキーボードとは違うクリック感を感じることができます。

Razerのメカにキーボードは『【2020年】Razerのオススメゲーミングキーボード5選!』で紹介しているので参考にしてみてください。

FLICO

FILCOは、日本にある株式会社ダイヤテックのブランドで、パソコン周辺機器等を製造・販売しています。

マルチデバイスに対応している無線機種も多いため、たくさんのデバイスでメカニカルキーボードを使いたい人におすすめのメーカーです。

性能は高いですが、価格は1万円台がほとんどなので、最初のメカニカルキーボードをFILCOにしてみてもいいと思います!

安くても性能がいいメカニカルキーボード

いきなり高いメカニカルキーボードを買うのはちょっと…

そんな方は、まずは安いメカニカルキーボードを買ってみるのもオススメです。

最近では、安くても性能がいいメカニカルキーボードが多数発売されています。

最初は安いメカニカルキーボードを買ってみて、軸の違いや好みなどを探っていくのもいいでしょう!

安くオススメのメカニカルキーボードは『【2020年】安いけど後悔しないオススメのゲーミングキーボードを紹介【とりあえずこれを買え!】』で紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

メカニカルキーボードの特徴は、

  • キーが独立している
  • 耐久性が高い
  • 打ち心地が気持ちいい
  • 軸を選んで自分好みのキーボードを使える

になります。

メカニカルキーボードを使うことで、タイピング・ゲームなどがより楽しくなり、モチベーションも上がります!

ぜひ、自分にピッタリと合ったメカニカルキーボードを探してみてください。

ゲーミングデバイス関連記事

オススメのゲーミングデバイス

ゲーミングデバイスを買う前に読む記事

ゲーミングデバイスのメンテナンスについて

その他ゲーム・ゲーミングデバイスについて

スポンサードリンク