【レビュー】ロジクールのMX ERGO(MXTB1s)を購入!初のトラックボールマウス!

レビューロジクールのMX ERGO マウス

MX ERGOってぶっちゃけ使いやすい?

MX ERGOの良いところ・悪いところを知りたい!

MX ERGOは値段が高いから買ってから後悔したくない…。

 

ロジクールのMX ERGOが気になっているけど、値段が高いので買うかどうか悩んでいる方は、多いのではないでしょうか?

買ってから後悔しないためにも、買う前にMX ERGOの特徴などをしっかりと理解しておきましょう。

というのも、MX ERGOは人によっては使いずらい可能性もあります。

実際に、MX ERGOが使いずらくて、普通のマウスに戻った人が僕の周りではいました。

 

そこで今回は、MX ERGOの特徴や使い心地などをわかりやすく紹介していきます。

 

たいち

僕も普通のマウスからMX ERGOに乗り換えたのですが、トラックボールマウス自体使うのが初めてでした!

僕と同じように、初めてのトラックボールで不安な人は、ぜひ参考にしてみてください。

結論:長時間作業する人はMX ERGOがオススメ!

結論から言うと、ロジクールのMX ERGOは長時間作業をする人にオススメのマウスです。

 

  • マウスを持ち上げないので肩が凝らない
  • 細かい作業を親指だけで行える
  • 角度を調整できるので、疲れにくいポジションで作業ができる設定できる

 

このような理由で、長時間作業をしても疲れにくくなっています。

MX ERGOは、他にも特徴が様々あるので紹介していきます。

MX ERGOの特徴を7つ紹介!

MX ERGOの特徴を7つ紹介していきます。

 

  1. マウスの角度を変更できる
  2. 充電できる(フル充電で4ヵ月可動)
  3. Unifying(USB)とBluetoothに対応
  4. 重量がある(262g)&大きい
  5. 専用のソフトウェアでボタンの設定が可能
  6. 精密モードがある
  7. 左右スクロールができる

 

MX ERGOは角度を変えられたり、精密モードがあったりと他のマウスにはない特徴があります。

それでは、ひとつずつ紹介していきます。

マウスの角度を変更できる

MX ERGOの角度は2つ選べる

MX ERGOは、プレートを付け替えることで、マウスの角度を0度と20度に変更することができます。

手が疲れときに角度を調整できるので、一般的なマウスよりも疲れにくくなっています。

プレートは磁石でくっついているので、角度を変えたいと思ったときに、取り外してすぐに変更することができます。

充電できる(フル充電で4ヵ月可動)

充電できる(フル充電で4ヵ月可動)

MX ERGOは、microUSBケーブルで充電して使うことができます。

フル充電で、約4ヵ月使用することができます。

使用頻度によりますが、1年に3~5回ぐらいの充電で使い続けることができます。

電池で動くワイヤレスマウスと違って、「予備の電池を買ってなかった!マウス動かない!やばい!」ということがないので安心です。

UnifyingとBluetoothに対応

UnifyingとBluetoothに対応

MX ERGOは、UnifyingレシーバーとBluetoothでパソコンに接続することができます。

僕はデスクトップパソコンは、Unifyingレシーバーで接続して、Mac BookはBluetoothで接続しています。

マウス本体にUnifyingレシーバーを収納できるマウスがありますが、MX ERGOは収納できなません。

Unifyingレシーバーを使わない場合は、失くさないように保管しておきましょう!

Unifyingレシーバーとは、USBに差すだけでマウスを接続してくれる機器です。

Bluetoothが接続できないバソコンでもUnifyingレシーバーを使えば、MX ERGOを使うことができます。

重量がある(262g)&大きい

MX ERGOは、262gとかなり重たいです。

さらに男の人の手でもはみ出さないぐらい大きさがあります。

ただ、マウス事態を動かすことはないので、重要・大きさは気になりません。

この重量と大きさのおかげで安定した操作が可能となっています。

専用のソフトウェアでボタンの設定が可能

専用のソフトウェアでボタンの設定が可能

Logicool Optionsをインストールして、8個あるボタンに機能の割り当てをしたり、ポインタのスピード、スクロール速度・方向を調整することができます。

アプリケーションごとに設定を変えられる

MX ERGOで特に便利な機能が、アプリケーションごとに、ボタンの機能を割り振ることができることです。

 

例えば…

  • エクセルを使うときは、セルの結合をボタンに割り振る
  • フォトショップを使うときは、移動ツールをボタンに割り振る

 

このように、アプリケーションごとにボタンの設定を変更できるのがとても便利です!

Logicool FLOWがすごい!?

Logicool FLOWとは、異なるパソコン間をMX ERGOで移動できるすごいシステムです。

例えば、僕のMac Bookにあるファイルを、Windowsのデスクトップパソコンにドラッグ&ドロップで移動させることができます。

Logicoolの動画を見てもらうのが一番早いと思います(笑)

 

どうです?すごいくないですか?

ただ、僕も最初は感動したのですが、すぐに使わなくなってしまいました…(笑)

なんか、もっといい使い方があれば、そのうち共有したいと思います。

 

職場のみんながLogicool FLOWを使えるマウスを使っていれば、ファイルの共有などが簡単にできるのでかなり楽だと思います。

精密モードがある

精密モードがある

MX ERGOには、「精密モード」に切り替えるボタンがあります。

「精密モード」に切り替えると、マウスポインタをゆっくり動かせるようになります。

どんなときに役立つかと言うと、フォトショップなどで細かい作業をするときに役立ちます。

 

  • 少しだけカーソルを動かしたい
  • 少しだけ画像の大きさを調整したい

 

こんなときに「精密モード」が大活躍します。

たいち

ありそうでなかった機能なので、個人的にはすごく嬉しい機能でした!

左右スクロールができる

左右スクロールができる

ERGOには、左右にスクロールできるボタンがついています。

最近は、左右にスクロールできるボタンがついているマウス増えてきましたよね!

ただ、僕はRRGOで初めて使いました(汗)

エクセルで、横に長いファイルを扱うことがあるので、左右スクロールボタンがあると、とても便利です。

MX ERGOのメリット

MX ERGOのメリットは、大きく4つあります。

 

  1. 腕・肩が疲れにくい
  2. デスクスペースを確保できる
  3. ボタンのカスタマイズで効率的に作業ができる
  4. マウスを使用するパソコンの切り替えが簡単

 

では、ひとつずつ解説していきます。

たいち

「疲れにくい」「デスクスペースを確保できる」は、MX ERGOのメリットというより、トラックボールマウスのメリットですね!

腕・肩が疲れにくい

腕・肩が疲れにくい

MX ERGO(トラックボールマウス)は、腕・肩が疲れにくいマウスです。

 

通常のマウスで、長時間作業していると、1日に何百回もマウスを持ち上げていることになります。

この持ち上げる動作を繰り返すことで、腕・肩に疲労が蓄積していきます。

MX ERGOなら持ち上げる動作が必要ないので、腕・肩の疲労がたまりにくくなります。

 

ただ、親指をよく使うので、親指の外側が疲れてきますが、そんなときはMX ERGOの角度を変更することで楽になります。

デスクスペースを確保できる

MX ERGO(トラックボールマウス)は、マウス本体を動かすことがないので、狭いスペースでも問題なく使うことができます。

デスクのスペースが狭く、マウスを動かす度にどこかにぶつかってイライラしている人は、MX ERGOを使うことでイライラから解放されます。

また、MX ERGO(トラックボールマウス)は、置く場所を選ばないので、ヒザの上にマウスを乗せて使うなんてこともできます。

ボタンのカスタマイズで効率的に作業ができる

ボタンのカスタマイズで効率的に作業ができる

MX ERGOは、アプリケーションごとにボタンの機能を設定することができます。

エクセル、フォトショップ、イラストーレーター、テキストエディタなどで使用頻度の高い機能を登録しておくと、効率的に作業をすることができます。

長時間作業する人は、ちょっとしたショートカットが大きな時間短縮につながるので、フル活用しましょう!

マウスを使用するパソコンの切り替えが簡単

マウスを使用するパソコンの切り替えが簡単

MX ERGOは、ボタンひとつで簡単に、マウスを使いたいパソコンを切り替えることができます。

僕はリビングではMac Bookで作業をして、部屋ではWindowsのデスクトップパソコンで作業をしています。

マウスを使いたいパソコンに、すぐ切り替えることができるので、接続し直したり接続されなかったりするストレスが一切ありません。

Mac、WindowsとOSが違くても、問題なく接続できるのがポイント高いです。

MX ERGOのデメリット

MX ERGOのデメリットは、大きく4あります

 

  1. MX ERGO本体が重い・大きい
  2. 慣れるまでの時間がかかる
  3. バッテリーの劣化が不安
  4. 定期的にボールを掃除する必要がある

 

では、ひとつずつ解説していきます。

たいち

通常のマウスを使っていて、初めてトラックボールマウスを使う方は、細かい作業など最初は戸惑うと思います。

最初は使いづらくても、まずは1週間ぐらい頑張って使ってみましょう!

MX ERGO本体が重い・大きい

MX ERGOは、重量が260gと通常のマウスに比べて、1.5〜3倍近く重くなっています。

そして、大きさも2倍近いです。

なので、普段からマウスを持ち歩くことが多い方は、ME ERGOの重量と大きさがデメリットになるので注意してください。

もし、持ち歩く場合は、専用のケースが発売されているので検討してみましょう!

慣れるまでに時間がかかる

MX ERGO(トラックボールマウス)は、慣れるまでに時間がかかります。

通常のマウスとほぼ違う動きでカーソルを動かすので、やはり最初は戸惑います。

最初は、たぶんイライラするので、ある程度覚悟しておきましょう。

特に細かい作業をしている人は要注意!

バッテリーの劣化が不安

MX ERGOは、バッテリーを充電して使うので、将来劣化が心配です。

ロジークールの保証は、2年間なので全然たりません。

ただ、バッテリーが劣化するぐらいまで使い込んだら、元は全然取れていると思いますが!

定期的にボールを掃除する必要がある

トラックボールの掃除

MX ERGOは、定期的にボールを掃除する必要があります。

ボールが汚れてくると、ボールの回りが悪くなってくるので、カーソルを動かすのにひっかかるような感じがします。

ボールの動きが悪くなってきたら、ボールを取り外して、ボールとマウス本体をキレイにしましょう!

ボールは綿棒などで押し出せば、すぐに取り外すことができます。

MX ERGOがオススメの人

MX ERGOをオススメする人は、下記のような人です。

 

  • 長時間マウスを操作をする人
  • デスクスペースが狭い人
  • 腕の疲れ、肩こりがひどい人
  • Mac(ノートパソコン)、Windows(デスクトップ)など使い分けている人

 

たいち

実際に僕が使ってみて最も良かったのは、デスクのスペースを有効活用できるようになったことです。

また、MX ERGOなら、ソファーでも膝の上でも置いて使えるので、ノートパソコンの作業効率もあがりました!

MX ERGOを使わないほうがいい人

MX ERGOを使わない方がいい人は、下記のような人です。

 

  • マウスを持ち運ぶ人
  • ゲームでマウスを使う人
  • MX ERGOの特徴にピンとこない人

 

MX ERGOは、「重い!大きい!」ので、持ち運ぶ場合は、一般的なマウスを使った方がいいです。

 

ゲームでマウスを使う人も通常のマウスがいいでしょう。

精密な操作が必要ないゲームでしたら、MX ERGOでも問題ありませんが、FPSやバトルロワイヤル系のゲームはきついと思います。

 

MX ERGOの特徴やメリットを見て、あまりピンとこない方はまだ必要じゃないと思います。

通常のマウスでも性能が高いマウスはたくさんあるので、そちらも検討してみましょう!

こちらの『ゲーミングマウスの選び方を徹底解説!ゲームをより効率的にプレイすることができる』も参考にしてみてください。

 

たいち

MX ERGOは値段が高いので、乗り気じゃない場合は、いったん見送った方がいいと思います。

MX ERGOとM570tの違い

MX ERGOとM570tのどちらかで悩んでいる人ってけっこう多いですよね!

M570tは、MX ERGOの下位モデルになるので、上位モデルのMX ERGOを買えば問題ないのですが、悩むところは価格です。

 

M570tが約5,500円に対して、MX ERGOは11,300円です。

MX ERGOは、M570tの約2倍の値段です!

 

この価格差を見ると、「別にM570tでもいいんじゃね?」って思うのは、すごくよくわかります。

では、具体的に性能がどう違うのか比較してみましょう!

機能 M570t MX ERGO
重量 142g 259g(プレート含む)
バッテリー 単三電池1本
(寿命18ヶ月)
充電式リチウムポリマー電池
(フル充電で4ヶ月)
接続方法 Unifyingレシーバー Unifyingレシーバー
Bluetooth
ボタン数 5 8
左右スクロール 無し 有り
精密モードボタン 無し 有り
トラックボールの使いやすさ
(細かい作業)

(細かい作業)
角度調整 無し 0度・20度に変更可
価格 約5,500円 約11,300円

表にしてMX ERGOとM570tを比べると、やっぱりけっこう違いますね!

予算に余裕があるのなら、MX ERGOが圧倒的にオススメです。

ただ、こんな方はM570tを検討してみてもいいと思います。

 

  • トラックボールマウスを試しに使ってみたい
  • 持ち運び用のトラックボールマウスとして使いたい

 

トラックボールマウスを使い続けるかわからない人は、いきなり高価なMX ERGOは躊躇すると思うので、まずは安いM570tを試してみるのもいいでしょう。

また、トラックボールマウスを持ち運びたい方は、軽くて安いM570tがオススメです!

まとめ

MX ERGOの特徴は、7つあります。

 

  1. マウスの角度を変更できる
  2. 充電できる(フル充電で4ヵ月可動)
  3. Unifying(USB)とBluetoothに対応
  4. 重量がある(262g)&大きい
  5. 専用のソフトウェアでボタンの設定が可能
  6. 精密モードがある
  7. 左右スクロールができる

 

僕はMX ERGOが初めてのトラックボールマウスでしたが、思ってたよりすんなりと使うことができました。

元々自宅のデスクが狭かったので、マウスを動かすのが大変だったということもありますが(汗)

ガジェット関連記事

スポンサードリンク