METISのメカニカルキーボードってぶっちゃけどうなの?特徴や買う前の注意点を紹介

METISのメカニカルキーボードの特徴やオススメを紹介 キーボード

METISのメカニカルキーボードって安いけどちゃんとしたキーボード?

METISのメカニカルキーボードと他のキーボードの違いは?

METISのメカニカルキーボードを買いたいけど、ほんとに買っても大丈夫か不安…。

 

METISのメカニカルキーボードが気になってるけど、安いし本当に使えるのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

METISのメカニカルキーボードは、約5000円で購入できるので確かに安いです。

ただ、METISのメカニカルキーボードの特徴をちゃんと理解してから購入するようにしましょう。

軸が選べない、一般的なキーボードとキーの形が違うなど、METISのメカニカルキーボードは特徴があります。

そのため、特徴を知らないで購入してしまうと、使いづらいくて後悔することも!

 

そこで今回は、METISのメカニカルキーボードの特徴を紹介するとともに、購入する前に注意することを合わせて紹介しています。

METISのメカニカルキーボードが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

METISってどんなメーカー?

METISってどんなメーカー?

METISは、中国の広東省にあるRK Royal Kludgeという企業が発売しているメカニカルキーボードらしいです。

らしいと言うのは、けっこう調べたのですが企業の情報がほとんどなく、よくわからなかったのが本音です(汗)

ただ、キーボードにRK Royal Kludgeの記載があるので間違いないと思います。

まぁ、あまり気にしなくて大丈夫!(笑)

METISのメカニカルキーボードの特徴

METISのメカニカルキーボードの特徴

METISのメカニカルキーボードの特徴を6つ紹介します。

 

  1. 価格が安いメカニカルキーボード
  2. キーの数を選ぶことができる
  3. LEDバックライトがシンプル
  4. 軸は青軸のみ
  5. 有線・無線で両方で使える
  6. 英語配列のみ

 

METISのメカニカルキーボードを買うかどうか迷っている人は、特徴をしっかりと理解してから購入しましょう。

メカニカルキーボードを使用する環境によっては、METISのメカニカルキーボードは使いにくい可能性があります。

価格が安いメカニカルキーボード

METISのメカニカルキーボードは、他のメカニカルキーボードと比べて価格が安くなっています。

なので、初めてメカニカルキーボードの購入を考えている人や、コスパがいいメカニカルキーボードが欲しい人に人気です。

キーの数を選ぶことができる

好みのキー数からキーボードを選ぶことができる

104キーからキーを削っていって61キーになる

METISのメカニカルキーボードは、キーボードを使用する目的に合わせてキーの数を選ぶことができます。

 

  1. 61キー
  2. 71キー
  3. 87キー
  4. 104キー

 

FPSなどのゲームをプレイする人は、「61キー」が使いやすいですし、仕事でテンキーを使う人は「104キー」が選択肢に入ります。

このようにMETISのメカニカルキーボードは、キーボードを使う目的に合わせてキーの数を選ぶことができます。

LEDバックライトがシンプル

METISのメカニカルキーボードは、LEDバックライトが単色でシンプルです。

他のメカニカルキーボードのように、グラデーションしたり、凝ったカスタマイズをしたりすることはできません。

ただ、点灯モードは17個もあるので、LEDバックライトにこだわりがない人なら十分飽きずに楽しめます。

軸は青軸しか選べない(2021年5月現在)

METISのメカニカルキーボードは、青軸しか選ぶことができません。(2021年5月現在)

以前は赤軸が販売されていたのですが、在庫切れで再入荷の予定も立っていない状況です。

青軸は使いたいくない!という方は、赤軸がいつ入荷するかわからないので、他のメカニカルキーボードを選んだ方がよさそうです。

 

たいち

メカニカルキーボードの軸については『メカニカルキーボードの軸の種類を徹底解説!自分に合った軸を選ぶために知っておくこと』で詳しくかいせつしています。

有線・無線で両方で使える

METISのメカニカルキーボードは、有線・無線(Bluetooth)の両方で使えるのが特徴です。

Bluetoothで3つの機器を同時接続が可能で、切替も簡単にできます。

ノートPC、タブレット、スマホなど、様々なデバイスでキーボードを使っている人には嬉しい機能です。

英語配列のみ

METSIのメカニカルキーボードは、英語配列になります。

英語配列と日本語配列の違いは、

 

  • 「Shift」や「Enter」の大きさが違う
  • 英語配列には日本語変換のキーがない
  • キーの配置が違う

 

などがあります。

英語配列だから、日本では使えないということはありません。

ただ、キーの配列、キーの大きさなど最初は戸惑うので慣れるまで時間がかかります。

 

たいち

英語配列のキーボードについては、こちらの記事でも取り上げているので参考にしてみてください。

»英語配列・日本語配列のキーボードの違いをわかりやすく解説!

»【コスパ最強~高級品】英語配列のオシャレなキーボード8選!

METISのメカニカルキーボードが安い理由

METISのメカニカルキーボードが安い理由

METSIのメカニカルキーボードが安い理由は2つ考えられます。

 

  1. バックライトの作りがシンプル
  2. 安価なスイッチ(軸)を使っている

 

バックライトを単色にして、シンプルな作りにすることで価格を抑えています。

また、原価が安いスイッチ(軸)を使うことで、価格を抑えています。

スイッチ(軸)で有名なドイツのメーカーCHERRY社のスイッチ(軸)を使うと価格が高くなります。

 

シンプルなバックライトと、スイッチ(軸)のメーカーにこだわりがなければ問題ありません。

ただ、様々なレビューを見てみると、初期不良も若干あるようなので、Amazonなど返品できるところで購入した方がよさそうです。

METISのメカニカルキーボードを買うときの注意点

METISのメカニカルキーボードを買うときの注意点

METISのメカニカルキーボードを買うときの注意点は2つあります。

 

  1. 青軸しか選べない
  2. 英語配列

 

特に青軸しか選べないのは、とても重要なのでしっかりと考えておきましょう!

青軸しか選べない

青軸はクリック感が強く、「カチャカチャ」というメカニカルキーボード特有のタイピングが気持ちいい軸です。

青軸のメカニカルキーボードは、ゲームをプレイする人に好まれて使われています。

青軸はタイピングも気持ちよく、使いやすい軸なのですが注意しないといけないことがあります。

それは、青軸のメカニカルキーボードはタイピング音が大きいということ!

METISのメカニカルキーボードを静かな職場や公共施設で使う予定の人は、しっかりと検討した方がいいと思います。

 

たいち

青軸メカニカルキーボートについては『青軸メカニカルキーボードの特徴!確認しておかないと買ってから後悔することも…』の記事も参考にしてみてください。

 

青軸のタイピング音は下記動画参考にしてみてください。

英語配列

METISのメカニカルキーボードは、日本語配列ではなく英語配列なので注意してください。

特徴のところでも紹介しましたが英語配列と日本語配列の違いは下記になります。

 

  • 「Shift」や「Enter」の大きさが違う
  • 英語配列には日本語変換のキーがない
  • キーの配置が違う

 

英語配列でも使っているうちに慣れてくるので、「どうしても日本語配列がいい!」というわけではないのなら問題ありません。

 

たいち

英語配列のキーボードについては、こちらの記事でも取り上げているので参考にしてみてください。

»英語配列・日本語配列のキーボードの違いをわかりやすく解説!

»【コスパ最強~高級品】英語配列のオシャレなキーボード8選!

METISのメカニカルキーボードはこんな人にオススメ

METISのキーボードはこんな人にオススメ

 

METSIのメカニカルキーボードは、

 

  • キーボードの持ち運びが多い人
  • 初めてメカニカルキーボードを使う人
  • シンプルなデザインが好きな人

 

このような人にオススメです。

キーボードの持ち運びが多い人

METISのメカニカルキーボード(61キー)は、かなりコンパクトなのでキーボードを持ち運ぶことが多い人にオススメです。

Bluetoothで接続もできるので、外出先で気軽に使うことができます。

ただ、タイピング音が大きいのでカフェや図書館で使う予定の人は注意してください。

 

たいち

コンパクトなメカニカルキーボードは『オススメのコンパクトなメカニカルキーボード5選!デスクスペースを取らずに持ち運びも便利』も参考にしてみてください。

初めてメカニカルキーボードを使う人

METISのメカニカルキーボードは、安くコスパが良いので初めてメカニカルキーボードを使う人にオススメです。

高価なメカニカルキーボードを買って後悔するよりも、傷は浅くて済みます(笑)

また、青軸を試しに使ってみたい人も、気軽に購入することができるのでオススメです。

METISのおすすめメカニカルキーボード

METSIのメカニカルキーボードは、それぞれキーの数が違うだけです。

 

  • 61キー(最低限のキー)
  • 71キー(61キーにカーソルキーなどを追加)
  • 87キー(ファクションボタンあり)
  • 104キー(テンキーありのフルキーボード)

 

どのキーが必須なのか確認してから購入しましょう。

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード 61キー

価格 約4,780円
青軸
キー配列 英語配列
接続方式 有線・無線(Bluetooth)
カラー 白・黒

61キーのコンパクトなメカニカルキーボードです。

キーボードを持ち運ぶ人、シンプルなメカニカルキーボードを探している人、FPSゲームなどをプレイする人にオススメです。

キーボードのカラーは、白色と黒色の2色あります。

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード 71キー

METISメカニカルキーボード71キー
価格 約5,680円
青軸
キー配列 英語配列
接続方式 有線・無線(Bluetooth)
カラー 白・黒

METISのメカニカルキーボード71キーは、61キーに「↑」「↓」「←」「→」「PgUp」「PgDn」などの10キーが追加されています。

追加の10キーでWebサイトの観覧がよりスムーズにできます。

普段これらのキーを使わない人は、61キーで問題ありません。

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード 87キー

METISメカニカルキーボード87
価格 約6,880円
青軸
キー配列 英語配列
接続方式 有線・無線(Bluetooth)
カラー 白・黒

METISのメカニカルキーボード87キーは、71キーにファンクションキーなどが追加されています。

というか、テンキー以外はすべてのキーがついています。

テンキーを外付けで使っている人や、元々テンキーを使わない人は87キーがオススメです。

METIS メカニカルキーボード ゲーミングキーボード 104キー

METISメカニカルキーボード104キー
価格 約7,870円
青軸
キー配列 英語配列
接続方式 有線・無線(Bluetooth)
カラー 白・黒
※2021年5月現在、白は在庫なし

METISのメカニカルキーボード104キーは、テンキーもついたフルキーボードになります。

大きいので持ち運びには向きません。

デスクでガッツリ作業をする人向けです。

フルキーボードでも7,800円とコスパがいいので、フルキーボードのメカニカルキーボードが欲しい人にオススメです。

METISのメカニカルキーボード以外で安く使いやすいキーボード

METIS以外にも安くて使いやすいメカニカルキーボードがあります。

有名なところで「e元素」というメーカーが有名です。

 

e元素は、METISと違って、

 

  • 軸を選ぶことができる(茶軸・赤軸・青軸・黒軸)
  • キーボードのデザイン、カラーが豊富
  • LEDのイルミネーションが派手

 

などの違いがあります。

e元素は価格も安く、メカニカルキーボードに力を入れている感じがすごくするのでよかったら検討してみてください。

e元素の商品はこちらから確認できます。

 

たいち

コスパの良いメカニカルキーボードを『【2021年】安いけど後悔しないオススメのゲーミングキーボードを紹介【とりあえずこれを買え!】』で紹介しています。参考にしてみてください。

まとめ

METISのメカニカルキーボードの特徴は下記になります。

 

  1. 価格が安いメカニカルキーボード
  2. キーの数を選ぶことができる
  3. LEDバックライトがシンプル
  4. 軸は青軸のみ
  5. 有線・無線で両方で使える
  6. 英語配列のみ

 

特徴をしっかりと理解してから購入するようにしましょう!

METISのメカニカルキーボードは、シンプルで使いやすいので、サブキーボードとして所有するのもオススメです。

ガジェット関連記事

スポンサードリンク