マウスパッドの洗い方とメンテナンス方法を素材別にわかりやすく解説!滑りが悪くてイライラ…

マウスパッドの洗い方 マウス

マウスパッドが汚いからキレイにしたいから洗い方を教えてほしい

マウスパッドを洗うときに便利なアイテムってある?

マウスパッドの滑りをよくしたい!

 

マウスパッドを洗いたいけど、洗い方がわからずお悩みの方は多いのではないでしょうか?

正しい洗い方で、マウスパッドをキレイにしたいですよね。

間違った方法でマウスパッドを洗ってしまうと、マウスパッドが使えなくなってしまうこともあります。

というのも、マウスパッドは繊細な縫い目や表面のコーティングでマウスのセンサーをサポートしています。

なので、間違った洗い方をしてしまうと、マウスの反応が悪くなり余計に使いにくくなってしまうことも(泣)

 

そんな失敗をしないために今回は、マウスパッドの洗い方をわかりやすく解説していきたいと思います!

マウスパッドの素材別に洗い方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

たいち

マウスパッドは見た目よりも汚れています。皮脂や食べカスなどで、雑菌が増えて最悪臭ってくることも…。定期的に掃除をするようにしましょう!

マウスパッドのを洗うときの注意点

マウスパッドのを洗うときの注意点

マウスパッドを洗う前に、3つ注意点があります。

 

  1. ゴシゴシこすらない
  2. ギューって絞らない
  3. ドライヤーで乾かさない

 

上記3つは、マウスパッドを余計に傷つけてしまう恐れがあるので、やらないようにしましょう!

 

たいち

僕は昔マウスパッドを洗ったときに、ゴシゴシ、ギュー、ドライヤー、すべてやったことがあります…。マウスパッドの形が変わったり、ザラザラになったりしたので、やらないように!(泣)

マウスパッドを洗うときにあると便利なアイテム!

マウスパッドを洗うときにあると便利なアイテム

マウスパッドを洗うときに便利なアイテムは5個あります。

 

  • ウェットティッシュ(必須)
  • 粘着ローラー(コロコロ)(必須)
  • 大き目なタオル(よりキレイにするために!)
  • 石けんor重曹(よりキレイにするために!)
  • 洗面器(よりキレイにするために!)

 

ウェットティッシュと粘着ローラーは、マウスパッドのメンテナンスでも使うので、用意しておきましょう!

ウェットティッシュと粘着ローラーでキレイにならない場合は、石けんや重曹を使ってマウスパッドを洗っていきます。

created by Rinker
激落ちくん
¥406 (2021/05/17 17:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

重曹ってなに??

重曹は弱アルカリなので、皮脂などの軽い油汚れを落とすのが得意です。また、粒子は細かく角がないので擦っても傷がつきにくいのが特徴です。石けんよりも少し弱い洗剤って感じです!

マウスパッドの洗い方!素材別に紹介

マウスパッドの洗い方!素材別に紹介
マウスパッドの基本的な洗い方は2つです。

 

  1. 粘着ローラー(コロコロ)でゴミを取る
  2. ウェットティッシュで汚れを拭く

 

この2つを行うことで、ほとんどキレイになります。

ただ、長く使っているマウスパッドだと汚れが取れなくなってくるので、そんなときはこれから紹介する方法で、マウスパッドを洗ってみてください!

布製マウスパッドの洗い方

布製マウスパッド

布製マウスパッドが最も汚れが溜まりやすいです。

というか、布製マウスパッド以外はウェットティッシュと粘着ローラー(コロコロ)でなんとかなります!

布製マウスパッドを洗う流れ

  1. 洗面器にぬるま湯を入れる(40°ぐらい)
  2. ぬるま湯1リットルに重曹を50g溶かす
  3. 10分~20分ほどお湯につける
  4. 気になるところは石けんでやさしく洗う
  5. 水気をタオルで拭き取り、平らな場所で直射日光をさけて乾かす

 

焦らずじっくりと洗っていきましょう!

洗面器にぬるま湯を入れる(40°ぐらい)

洗面器に40°ぐらいのぬるま湯をいれましょう。

マウスパッドについている汚れで最も多いのが手垢などの皮脂による汚れです。

皮脂はタンパク質なので、熱いお湯につけてしまうと固まって取れなくなってしまう恐れがあります。

ぬるま湯1リットルに重曹を50g溶かす

洗面器に入れたぬるま湯1リットルに対して、重曹を50g溶かします。

重曹がない場合は、石けんを少し中に入れて溶かしてもOKです!

10分~20分ほどお湯につける

重曹を溶かしたお湯に、マウスパッドを入れます。

マウスパッドを入れたら、10分~20分ほどつけておきましょう。

皮脂、手垢などの汚れが柔らかくなります。

気になるところは石けんでやさしく洗う

10分~20分つけたら、お湯からマウスパッドを出します。

あとは石けんでやさしくこすって洗っていきます。

スポンジもしくは、指の腹でなでるような感じです!

くれぐれも、マウスパッドを重ね合わせて、ゴシゴシ洗わないようにしましょう。

絞るのもNGです!

マウスパッドを乾かす

マウスパッドがキレイになったら、水気をタオルで拭き取り、平らな場所で直射日光をさけて乾かします。

タオルでこすってしまうと、繊維がマウスパッドについてしまうので、抑えるようにして水気を拭き取ります。

直射日光やドライヤーで乾かすのは、マウスパッドが劣化してしまう恐れがあるのでやめましょう!

プラスチック製マウスパッドの洗い方

プラスチック製マウスパッド

プラスチック製マウスパッドは簡単に洗うことができます。

 

  1. 粘着ローラーで細かいゴミを取り除く
  2. ウェットティッシュで汚れを拭く

 

プラスチック製のマウスパッドは、上記2つでキレイにすることができます。

アルコールを使って拭く場合は、アルコールを直接つけるとマウスパッドが白くなってしまうことがあるので、ティッシュなどにアルコールをつけてから吹くようにしましょう。

最後は必ず水拭きを行いましょう!

ガラス製マウスパッドの洗い方

ガラス製マウスパッド

ガラス製マウスパッドは簡単に洗うことができます。

 

  1. ガラスクリーナーを吹きかける
  2. 乾いた布で拭く

 

ガラス製マウスパッドは、上記2つでキレイにすることができます。

ガラス製のマウスパッドは、ポインターの動きを正確にするために特殊な表面加工がされていることが多いです。

ゴシゴシ力強くこすると、表面加工をダメにしてしまう可能性があるので注意してください。

created by Rinker
イチネンケミカルズ(Ichinen Chemicals)
¥616 (2021/05/18 02:01:05時点 Amazon調べ-詳細)

金属製マウスパッドの洗い方

金属製マウスパッド

金属製マウスパッドは簡単に洗うことができます。

 

  1. ウェットティッシュで汚れを拭く
  2. 汚れが落ちない場合はぬるま湯(40°ぐらい)で洗う

 

金属製マウスパッドは、ウェットティッシュで拭けばキレイになります。

ただ、皮脂などの油汚れが残ってしまっている場合は、40°ぐらいのぬるま湯で洗うと簡単にキレイにすることができます。

ジェル系マウスパッドの洗い方

ジェル系マウスパッド

ジェル系マウスパッドは、布素材が使われていたり、部分的にプラスチックが使われていたりするので注意が必要です。

 

  1. 全体をウェットティッシュで拭く
  2. 腕を置く布部分は雑菌できるタイプのウェットティッシュで拭く

 

ジェル系のマウスパッドは、ジェルの部分(腕を置くところ)に皮脂がつき雑菌が増えることで臭くなることが多いです。

なので、ジェルの部分は雑菌できるタイプのウェットティッシュで拭くようにしましょう。

拭くときに力を入れすぎるとジェルが漏れたり破れたりするので気を付けてください!

マウスパッドの寿命

マウスパッドの寿命

マウスパッドの寿命は、使用頻度にもよりますが1年~3年で交換している人が多いようです。

ゲームをプレイする人は、マウスパッドの消耗が早く、マウスの反応に影響が出てくるため交換時期が早くなります。

 

  • 汚れが取れなくなってきた
  • 反応が悪くなってきた

 

このように感じたときが、買い替える時期だと思います。

マウスパッドが汚れる原因

マウスパッドが汚れる原因

マウスパッドが汚れる原因は、ほとんどが「皮脂汚れ」です。

あとはデスクでご飯を食べたり、お菓子を食べたりしたときの食べかすも多いです。

食べかすは気を付けることができますが、皮脂汚れはしょうがない部分もあるので普段からキレイにするように心掛けましょう。

マウスパッドのメンテナンス方法

マウスパッドのメンテナンス方法

普段からマウスパッドのメンテナンスをしておけば、特に大掛かりな掃除も必要ありません。

 

  1. 粘着ローラー(コロコロ)で表面のホコリや塵を取り除く
  2. 手垢や皮脂がついているのがわかったらウェットティッシュでふき取る
  3. 作業をする前に手を洗う
  4. マウスパッドの上で食事をしない

 

上記4つを日頃から意識しておけばメンテナンスは大丈夫です。

そこまで神経質になることもなく、気が付いたら実行しましょう!

シリコンスプレーでマウスパッドの滑りをよくする

シリコンスプレーでマウスパッドの滑りをよくする

マウスパッドを洗って滑りが悪くなってしまうことがあります。

そのようなときは、シリコンスプレーを使うことでマウスパッドの滑りを良くすることができます。

シリコンスプレーを使うときは、直接マウスパッドに吹きかけると滑りすぎる可能性あるので、ティッシュやタオルなどに吹き付けてから表面をさするようにシリコンを塗りましょう。

たいち

マウスは程よく滑って、ビタッと止まるマウスがベスト!

シリコンスプレーをマウス本体に塗ることで滑りをよくすることができます。

シリコンスプレーを発売しているKUREさんのホームページでも紹介されています。

マウスパッドがいらないマウス

専用のソフトウェアでボタンの設定が可能

トラックボールマウスならマウスパッドがいりません。

トラックボールマウスは、マウスを動かさずに使うのでマウスパッドが必要ないですし、場所も選びません。

また、マウスを持ち上げる動作がないので肩がこりにくい、疲れにくいなどの特徴があります。

 

  • デスクでマウスを使うスペースが狭い人
  • 肩こり、腕の疲れ、腱鞘炎などに悩んでいる人

 

このような人はトラックボールマウスの検討をしてみましょう!

ただ、ゲームをプレイするのには向いていないので注意してください。

 

たいち

ロジクールのトラックボールマウス「ロジクールのMX ERGO(MXTB1s)」をレビューした記事があるので参考にしてみてください

»【レビュー】ロジクールのMX ERGO(MXTB1s)を購入!初のトラックボールマウス!

まとめ

マウスパッドの洗い方を紹介しました。

布製マウスパッド以外は、ウェットティッシュで拭けばキレイになります。

 

布製マウスパッドの洗い方は

  1. 洗面器にぬるま湯を入れる(40°ぐらい)
  2. ぬるま湯1リットルに重曹を50g溶かす
  3. 10分~20分ほどお湯につける
  4. 気になるところは石けんでやさしく洗う
  5. 水気をタオルで拭き取り、平らな場所で直射日光をさけて乾かす

 

マウスパッドは見た目以上に雑菌が多く汚れているので、日頃からウェットティッシュで拭くなどしてキレイな状態にしておきましょう!

そうすることで、マウスパッドの寿命も延びます!

ガジェット関連記事

スポンサードリンク