Webカメラの選び方をシーン別にわかりやすく解説!テレワーク・Web会議・面接などで大活躍

Webカメラの選び方 仕事

テレワーク・在学勤務でWebカメラが必要になったけど、何を買えばいいかわからない!

オンライン会議で使うWebカメラは、どんなのがいいの?

Webカメラの選び方を知りたい!

 

Webカメラが必要になったけど、何を買ったらいいかわからず悩んでいませんか?

安いWebカメラから高価なWebカメラまで、様々な種類があるので何を買ったらいいかわかりませんよね。

 

Webカメラは用途に合わせて、購入をしたほうが出費も少ないです。

というのも、テレワークでWebカメラを使う場合は、安いWebカメラでも問題ないことがほとんどです。

ただ、Web会議、Web面接、動画配信などでは、そのシーンに合ったWebカメラを使った方がいいです。

 

そこで今回は、Webカメラの選び方について紹介していきます。

どんなWebカメラを選べばいいかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

たいち

僕はWebカメラを使って、リモートワーク・Web会議をしていますが、カメラによっては非常に使いにくいです(泣)使うシーンに合ったWebカメラを使わないと、コミュニケーションが難しく効率も悪くなります。Webカメラはけっこう失敗することが多く、自宅・会社といくつも買い替えてます…。

Webカメラの選び方

Webカメラの選び方

Webカメラを選ぶポイントは6つです。

 

  • 画質がいいWebカメラを選ぶ
  • 設置方法でWebカメラを選ぶ
  • フレームレートでWebカメラ選ぶ
  • フォーカスの種類でWebカメラ選ぶ
  • 画角でWebカメラを選ぶ
  • マイク内蔵のWebカメラを選ぶ(※必須ではない)

 

たいち

では、それぞれのポイントを詳しく解説していきます!

画質がいいWebカメラを選ぶ(200万画素以上)

画質がいいWebカメラ(画素数200万画素以上)を選ぶようにしましょう。

画質がいいWebカメラを選んだほうが、買ってから後悔しません。

 

画質が悪いと、Webカメラに映した資料・文字が見えず、うまくコミュニケーションが取れません。

なので、文字が見えるぐらいの画質は最低限欲しいです。

 

画質はWebカメラの画素数という数字を見れば、どれだけ画質がいいかわかります。

画素数が高ければ高いほど画質がいいWebカメラです。

画素数の目安
  • 表情が伝わる程度なら100万画素以上
  • 資料など、文字や細かい物を表示する場合は200万画素以上

設置方法でWebカメラを選ぶ

Webカメラの設置方法には2種類あります。

  1. クリップ式
  2. スタンド式

Webカメラを使うシーンに合わせて、クリップ式・スタンド式を選びましょう!

クリップ式の特徴

クリップ式のWebカメラ

クリップ式のWebカメラは、パソコンモニターに挟んで使うことができます。

クリップ式のWebカメラは、簡単に設置することができ、小型で持ち運びに便利なのが特徴です。

リモートワーク、少人数のWeb会議では、クリップ式のWebカメラを使っている人がほとんどです。

 

スタンド式の特徴

スタンド式のWebカメラ

スタンド式のWebカメラは、デスクに立てて使います。

デスクの立てるだけでいいので、安定した撮影が可能になります。

スタンド式のWebカメラは広い画角が特徴です。

会社の会議など、多くの人が参加するWeb会議などで使うと便利です。

クリップ式のWebカメラをスタンドに取り付ける

クリップ式のWebカメラをスタンドに取り付ける

スタンド式のWebカメラは高いので、性能にこだわらなければ、クリップ式のWebカメラをスタンドに取り付けて使うことができます。

クリップ式のWebカメラとスタンドが、セットになっている商品も多くあります。

フレームレートで選ぶ(映像の滑らかさ)

フレームレートが30fps以上なら、映像の内容を細かく伝えることができるのでオススメです。

フレームレートとは、1秒間に何フレーム表示できるかを示す数値です。

動きを滑らかに表示したい場合は、フレームレートが高いWebカメラを選ぶ必要があります。

ただ、パソコンのスペック、ネット回線のスピード、相手側のスペックなどに、影響を受けます。

なので、フレームレートが高いWebカメラを買ったからと言って、必ずしも映像が滑らかに表示されるとは限りません。

フレームレートの目安
  • 表情が伝わる、見える程度でいいのなら15fpsぐらいで問題ありません。
  • 映像の内容を細かく伝える場合は30fps~あれば問題ありません。

フォーカスの種類で選ぶ(オススメはオートフォーカス)

ピントを自動で調整してくれるオートフォーカスがオススメです。

 

ピントを被写体に合わせるのがフォーカスです。

ピントが合わないと、映像がぼやけてしまって、見せたいものをちゃんと見せることができません。

 

フォーカスには主に3つの種類があります。

  1. オートフォーカス(自動でピントを合わせてくれる)
  2. 手動フォーカス(手動でピントを合わせる)
  3. 固定フォーカス(指定の位置でピントを固定する)

 

リモートワークなどで使うWebカメラは、自動でピントを合わせてくれるオートフォーカスが、気軽に使えるのでオススメです。

使うシーンにあった画角を選ぶ

Webカメラによって、撮影できる画角が違います。

リモートワークなど、1人でWebカメラを使う場合は、画角が狭くても問題ありません。

Web会議などで、複数人が映る場合は画角が広いWebカメラがオススメです。

画角の目安
  • 60度前後の画角は、1人で使うのにオススメ
  • 100度前後の画角は、複数人でのWEB会議などにオススメ
  • 150度前後の画角は、大人数でのWEB会議などにオススメ

マイクが内蔵されたWebカメラが便利

マイク内蔵のWebカメラだと、マイクを用意する必要がないので気軽に使うことができます。

最近では、スピーカーが内蔵されているWebカメラも発売されています。

マイクとスピーカーが内蔵されているWebカメラは、会議で使うときにとても便利です。

【シーン別】オススメのWebカメラ

【シーン別】オススメのWebカメラ

シーン別(用途別)にオススメのWebカメラを紹介していきます。

 

  • テレワーク・在宅勤務でオススメのWebカメラ
  • Web会議でオススメのWebカメラ
  • 面接でオススメのWebカメラ
  • 動画配信でオススメのWebカメラ

 

できるだけ、価格が高すぎないWebカメラを選んでいるので、ぜひ参考にしてみてください。

テレワーク・在宅勤務でオススメのWebカメラ

テレワーク・在宅勤務でオススメのWebカメラの性能は下記になります。

 

  • 画質200万画素~
  • 設置方法はクリップ式
  • フレームレート20fps~
  • オートフォーカス機能
  • 画角60度~

 

これらを満たしているWebカメラを紹介していきます。

X-Kim フルHD 1080P 高画質 200万画素 webカメラ

X-Kim フルHD 1080P 高画質 200万画素 webカメラ
画質 200万画素
設置方法 クリップ式(スタンド付属)
フレームレート 25fps
オートフォーカス機能 あり
画角 100度
内蔵マイク あり
その他 スタンド付属

性能はほぼパーフェクト!

内蔵マイクに三脚まで付属です。

テレワーク・在宅勤務では、十分な性能です。

また、画角が100度と広いので、Web会議でも問題なく使えます。

価格も2,550円(2021年3月2日時点)と、コスパ最強のWebカメラです。

ロジクール ウェブカメラ C920n

画質 200万画素
設置方法 クリップ式(スタンド付属)
フレームレート 30fps
オートフォーカス機能 あり
画角 100度
内蔵マイク あり
その他 自動HD光補正機能

テレワーク・在宅勤務で、キレイに映像を見せたい人にオススメのWebカメラです。

画質も良く、フレームレートも30fpsと高いので、自然で滑らかな映像を実現しています。

画角が78度と広すぎないため、周りの不要な風景を映さないで済みます。

専用アプリを使えば、色味の変更や画角の調整もできるので、環境に合わせたセッティングが可能です。

価格は、7,480円(2021年3月2日時点)となっています。

ロジクールは業務用のWebカメラなど、様々な商品を取り扱っているので、ロジクール公式サイトをチェックしてみましょう!

Web会議でオススメのWebカメラ

Web会議でオススメのWebカメラの性能は下記になります。

 

  • 画質100万画素~
  • 設置方法はスタンド付属のクリップ式かスタンド式
  • フレームレート20fps~
  • 画角100度~
  • 内蔵マイク

 

これらを満たしているWebカメラを紹介していきます。

Web会議で使うWebカメラは、画角が広い・マイク内蔵であることが重要です。

Plusysee Webカメラ HD1080P/30fps フルHD

Plusysee Webカメラ HD1080P/30fps フルHD
画質 200万画素
設置方法 クリップ式(スタンド付属)
フレームレート 30fps
オートフォーカス機能 あり
画角 120度
内蔵マイク あり
その他 スタンド付属

画角が120度と広いので、多人数のWeb会議に対応できるWebカメラです。

内蔵マイクがあり、スタンドも付属しているので、あとはスピーカーを用意するだけで、Web会議を行えます。

価格は2,949円(2021年3月2日時点)と、コスパ最強のWebカメラです。

サンワサプライ 会議用ワイドレンズWEBカメラ CMS-V43BK

サンワサプライ 会議用ワイドレンズWEBカメラ CMS-V43BK
画質 200万画素
設置方法 クリップ式
フレームレート 30fps
オートフォーカス機能 なし(手動)
画角 150度
内蔵マイク あり

画角が150度と、かなり広い会議用Webカメラです。

広角なので人数が多くても、映すことができます。

内蔵マイクもついているため、あとはスピーカーがあれば、Web会議を始められます。

広角で使いやすいWebカメラを探している人にオススメです。

ただ、スタンドは付属していないので、スタンドを使いたい人は別途購入の必要があります。

また、スピーカーがあれば、さらにWeb会議がやりやすくなります。

価格は5,692円(2021年3月2日時点)となっています。

面接でオススメのWebカメラ

面接でオススメのWebカメラの性能は下記になります。

 

  • 画質200万画素~
  • 設置方法はクリップ式
  • フレームレート30fps~
  • オートフォーカス機能
  • 画角60度~
  • 内蔵マイク

 

これらを満たしているWebカメラを紹介していきます。

基本的に在宅ワーク・テレワークと同じ性能ですが、フレームレートを少し高くしています。

Vitade ウェブカメラ フルHD 高画質 1080P マイク内蔵 LEDライト付き

Vitade ウェブカメラ
画質 200万画素
設置方法 クリップ式
フレームレート 30fps
オートフォーカス機能 あり
画角 100度
内蔵マイク あり
その他 LEDライト付き

ノイズリダクション(声がクリアに聞える)

LEDライトがWebカメラについているので、顔をより明るく見せることができます。

LEDライトも3段階に調整できるので、時間帯に合わせたちょうどいい明るさで面接に臨めます。

また、ノイズリダクション機能で自分の声がクリアに届くので、面接にピッタリのWebカメラです!

スタンドにも対応しているので、別途スタンドを買えばWebカメラを設置できます。

面接でイヤホン・ヘッドフォンを付けたくない人は、スピーカーの購入も考えてみましょう。

価格は4,995円(2021年3月2日時点)となっています。

webカメラ Sinvitron LEDライト暖色&白色 三脚スタンド付き

画質 200万画素
設置方法 クリップ式(スタンド付属)
フレームレート 30fps
オートフォーカス機能 あり
画角 90度
内蔵マイク あり
その他 LEDライト付き(暖色&白色)

ノイズリダクション(声がクリアに聞える)

暖色と白色のLEDライトがついたWebカメラです。

明るさの調整もできるので、顔色をよく見せることができます。

また、ノイズリダクション、エコーキャンセリングテクノロジーにより、クリアな会話ができます。

付属品でミニ三脚がついてくるので、カメラ位置の調整ができるのが嬉しい!

価格は3,723円(2021年3月2日時点)となっています。

動画配信でオススメのWebカメラ

動画配信でオススメのWebカメラの性能は下記になります。

 

  • 画質200万画素~
  • 設置方法は動画の配信内容で決める
  • フレームレート30fps~
  • オートフォーカス機能
  • 画角60度~

 

これらを満たしているWebカメラを紹介していきます。

動画配信で使うWebカメラは、ある程度スペックの高いものを選ぶと後悔しません。

フレームレートが低すぎると、カクカクになるので注意してください!

ロジクール ウェブカメラ フルHD 1080P 60FPS ストリーミング C980GR

ロジクール ウェブカメラ フルHD 1080P 60FPS ストリーミング C980GR
画質 200万画素
設置方法 クリップモニターマウント、三脚マウントが付属し、モニター等への取り付け、三脚に固定しての使用が可能
フレームレート 60fps
オートフォーカス機能 あり
画角 78度
その他 AI 顔追尾オートフォーカス

自動露出補正

フルHD 縦型撮影

ロジクールの高性能Webカメラです。

フルHD 1080P 60FPSの滑らかなモーションで、鮮明な画質を生き生きとしたリアルな映像でストリーミング、録画することができます。

また、撮影中もAIが顔を自動で認識してピントを合わせてくれるので、パフォーマンスに集中することができます。

価格は14,800円(2021年3月2日時点)となかなかの価格ですが、性能は間違いありません。

Webカメラ以外で必要な機器

リモートワーク・在宅勤務・Web会議で必要な機器一覧です。

 

  • Webカメラ
  • マイク(Webカメラにマイク内蔵の場合はいらない)
  • スピーカー(ヘッドフォンとマイクが一緒になったヘッドセットでもOK)

 

一番手っ取り早いのが、「マイク内蔵のWebカメラ」+「スピーカー」です。

ただ、スピーカーだと音が周りに聞こえてしまうので、どんな環境でリモートワーク・在宅勤務・Web会議をするのか、前もってイメージしておきましょう!

ヘッドセットについては、下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

»安いけど使える!オススメゲーミングヘッドセット10選!【コスパ最強】

»オススメのワイヤレスゲーミングヘッドセット6選!コード無しでストレスも無し!

リモートワーク・在宅勤務で快適な環境を作ろう!

リモートワーク・在宅勤務が長期間になる場合は、作業スペースを快適な環境に整えていきましょう。

 

  • 長時間座る場合はゲーミングチェアを導入してみる
  • 座布団を高品質な座布団にする

 

僕は腰痛持ちなので、リモートワークを機会に、ゲーミングチェアを家にも導入しました。(職場ではすでに使用しています)

家で仕事していると、集中できないことも多いので、集中できる環境を整えていきましょう!

まとめ

Webカメラを選ぶポイントは6つです。

 

  • 画質がいいWebカメラを選ぶ
  • 設置方法でWebカメラを選ぶ
  • フレームレートでWebカメラ選ぶ
  • フォーカスの種類でWebカメラ選ぶ
  • 画角でWebカメラを選ぶ
  • マイク内蔵のWebカメラを選ぶ(※必須ではない)

 

どんなシーンでWebカメラを使うのかをイメージしてから選べば、満足のいくWebカメラを購入することができます。

この記事が、Webカメラを選ぶときの参考になれば幸いです!

仕事関連記事

スポンサードリンク