コスパ最強の万年筆5選!初心者におすすめの低価格で使いやすい万年筆

便利グッズ

万年筆を使ってみたいけど、最初は何を買えばいいんだろう?

インクの入れ方とか、万年筆によって違うのかな?

万年筆ってカッコイイけど、インクを入れたり、お手入れが必要だったり、とっつきにくいイメージがありますよね。

実は万年筆の仕組みをある程度知っていれば、あなたの好みに合った万年筆を選べるようになります。

僕も最初は何を買っていいかわかりませんでしたが、ポイントを押さえることで、買いたい万年筆を選ぶことができました。

この記事では、これから万年筆デビューをする方のために、万年筆の選び方入門に最適な万年筆を紹介しています。

これから万年筆を買おうと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

最初はカートリッジ式の万年筆を選ぼう!

初めて万年筆を買う方は、インクの補充形式がカートリッジ式の万年筆を選びましょう!

カートリッジ式は、手を汚したりせずに、簡単にインクの交換ができます。

カートリッジ式のほかには、コンバーター式、吸入式とありますが、インクの補充方法や、手入れの仕方が少しめんどくさいので、初めはカートリッジ式の万年筆から選びましょう。

カートリッジ式のインク交換方法

この動画を見てもらえばわかるように、カートリッジ式はインクの交換がめちゃくちゃ簡単です。

職場などで頻繁に使う人も、カートリッジ式なら、インクがなくなっても、予備のカートリッジを筆箱に入れておけば安心です!

万年筆のペン先の種類

万年筆のペン先は様々な種類があります。

用途によって使い分けたり、自分の使いやすい物を選ぶようにしましょう!

簡単に言うと、ペン先はボールペンで言う芯の太さに当たります。

最初はF(ファイン)かM(ミディアム)を買っておけば、どの場面でも使えるのでお勧めです。

EF(エクストラファイン)

一番細いペン先です。

細かい文字を書くことが多い人にオススメです。

手帳などに記入することが多い人は、このペン先がいいかも。

F(ファイン)

細字用のペン先です。

一般的な細さなので、普段使う分にはこのペン先で問題ありません。

細いボールペンが好きな人はF(ファイン)を選ぶと間違いないと思います。

SF(ソフトファイン)

ソフトタッチなので、字幅の強弱が出やすいです。

筆圧の弱い方向きのペン先になります。

M(ミディアム)

汎用性が高い一般的な中字用のペン先です。

幅広く使われている定番のペン先なので、初めて万年筆を持つ方にもおすすめです。

僕はこのペン先を使っています。

ただ小さい字は、書きにくいので、細かい字を書くことが多い人はM(ミディアム)よりも細いペン先を選びましょう!

SM(ソフトミディアム)

ソフトタッチなので、字幅の強弱が出やすく、筆圧の弱い方向きです。

B(ブロード)

宛名書きや、サインなどに使える一般的な太字用のペン先です。

SU(スタブ)

縦線、横線の字幅が異なるペン先です。

個性的な文字を書くことができることからカリグラフィーなどにも用いられるペン先となっています。

MS(ミュージック)

デザインなどにも使える楽譜用の太字用のペン先です。

スタブのように縦横で字幅が違うのでカリグラフィーにも用いることができるのが特徴となっています。

コスパ最強!おすすめの万年筆5選

パイロット 万年筆 カクノ 細字 ライトグリーン FKA-1SR-LGF

ペン先のニコちゃんマークが、とてもカワイイ万年筆です。

僕が初めて購入した万年筆が、この万年筆です。

価格が850円と、めちゃくちゃコスパがいいので、ガシガシ使い倒せます。

とりあえず万年筆を使ってみたい!って方にオススメの万年筆です。

ただ欠点がひとつ!

長期間使わないで放置していると、インクが出なくなることが多々ありました。

僕のだけだったらいいんですけど…。

でもそのおかげでメンテナンスの方法を学べましたけど(笑)

KAWECO クラシックスポーツ 万年筆 CSFP−BK ブラック

真っ黒なボディに金色のペン先が渋い、KAWECO(カヴェコ)の万年筆です。

カジュアルな雰囲気だけれども、重厚感のある男性向けの万年筆です。

価格は2,290円とコスパもいいです。

KAWECO(カヴェコ)の万年筆は、ボロボロになるほどカッコよくなるので、ガシガシ乱暴に使いましょう!

※壊さない程度に。

created by Rinker
KAWECO
¥2,496 (2020/09/27 23:43:42時点 Amazon調べ-詳細)

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ イエロー L18-EF

LAMYというメーカーのカジュアルな万年筆です。

文房具屋さんでよく見るようになった万年筆なので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

僕がまだ万年筆を持っていなかったときは、この万年筆をずっと欲しいと思ってました。

でもなんだかんだまだ手に入れてないですけどね(笑)

お値段は約2,200円となっております!

プラチナ万年筆 万年筆 #3776センチュリー シャルトルブルー 細字 PNB-10000#51-2

プラチナ万年筆という日本の老舗メーカーの万年筆です。

色もキレイなのですが、なんかこの万年筆見てると懐かしい雰囲気を感じませんか?

子供の頃を思い出すというかなんというか…。

優しい気持ちになれる万年筆です(笑)

大事な書類にサインを書くときなどに、この万年筆をサッと出したいですね。

と言ってもお値段は、6,908円なのでそこまで高くないです!(2019年6月26日現在価格が上がっております!)

お客さんの前で万年筆を使う機会が多い方は、選択肢に入れてみて下さい。

プラチナ万年筆 万年筆 プレピー 0.2mm ブルーブラック PSQ-400#3

プラチナ万年筆から出ている、超低価格な万年筆です!

価格はなんと…293円!

安すぎですね。

アマゾンのレビューを見ても評価も高いし、とりあえずなんでもいいから万年筆を使ってみたいと言う方は、この万年筆でいいと思います。

ただせっかく万年筆を使うなら、もっと…万年筆!!!!ってのを使いたいですよね(笑)

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥440 (2020/09/27 11:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

万年筆のインクの選び方

万年筆のカートリッジは、同じメーカーが出しているカートリッジを使うようにしましょう。

他社の万年筆に、他社のカートリッジを使用するのは、非推奨となっています。

例えば、パイロットとういメーカーの万年筆を買ったならば、パイロットが出しているインクを使うようにします。

たぶん調べれば、他所のカートリッジを使う方法もあると思いますが、壊れる可能性があるのでオススメしません。

万年筆とインクは、メーカーを合わせて使うようにしましょう。

下記は僕が使っている好きな色です♪

まとめ

最初に買う万年筆は、カートリッジ式の万年筆で、ペン先はF(ファイン)かM(ミディアム)を選ぶといいでしょう!

万年筆は使えば使うほど、手に馴染んできて愛着がわいてくる筆記用具です。

買った万年筆はどんどん使って、あなた色に染めていきましょう!

あなたにピッタリの万年筆が見つかりますように!

Kaweco(カヴェコ)の万年筆を買った♪ストーンウォッシュがカッコイイ!

スポンサードリンク