デスクワークで役立つ腰痛対策グッズ5選!【痛みとさよなら】

便利グッズ

イスから立ち上がるのも辛い…

最近腰が痛くて朝が起きれない…

座りっぱなしで体がバキバキ…

 

長時間のデスクワークで、腰痛に悩まされていませんか?

腰痛がひどくなる前に、対策をしたいですよね。

このまま腰痛がひどくなると、イスから立ち上がれないような状態になることもあります。

僕はデスクワークが長いのですが、僕を含め腰痛で悩まされている人を多く見てきました。

 

そこで今回は、デスクワークの人に役立つ、腰痛対策グッズを紹介したいと思います。

腰痛対策グッズで、痛みとおさらばしましょう!

僕は一度ぎっくり腰になり、イスから立ち上がるのも一苦労な状態になりました(泣)

もうあんな思いはしたくないので、腰痛対策には気を使っています。

腰痛対策グッズ5選

ここでは腰への負担を減らす、腰痛対策グッズをご紹介していきます

腰痛対策グッズを使って、腰への負担を極力減らしていきましょう!

※体にストレスがなく、仕事に集中できるような腰痛対策グッズを紹介しています。そのグッズを使うことによって、ストレスを感じてしまうと元も子もないですからね(泣)

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック

僕が愛用している低反発クッションです。

ぎっくり腰になってから、腰痛対策としてこちらを購入しました。

それ以来ぎっくり腰にはなっていません!

ただ腰痛がまったくのゼロとは言えませんが…(汗)

こちらの商品は、とてもオススメなのですが、ひとつ欠点があります。

その欠点は、クッションに厚みがあるので、イスによっては座る位置が高くなってしまうということ。

また、座る位置が高くなると、ひじ掛けも使いずらくなり、次は肩こりに悩まされる可能性があります。

ひじ掛けの高さを調整できるイスを使っている方は、調整することによって問題なく使えます。

ADICCO 新世代 ランバーサポート

このクッションは背もたれにセットして、腰痛を軽減するタイプになります。

お尻に敷くクッションだと、座る位置が高くなっていやだ!って方はこちらのクッションを使いましょう。

いい感じに背中にフィットするので、腰がすごく楽になります。

ひじ掛けの高さが、調整できないイスを使っている方などに、オススメのクッションです。

VIXA 低反発クッション

背中もお尻もクッションを使いたい方は、こちらの商品だとコスパがいいです。

とりあえずこれをお尻と背中にセットしておけば、クッションでの腰痛対策は安心です!

このクッションも、あなたが座っているイスにフィットするかどうか考えてから購入しましょう。

ただ背中とお尻のクッションは、別々に取り付けられるので、両方一緒に使わなくても大丈夫です。

SPORTIA 腰痛 サポートベルト

腰痛にはコルセットが効き目大です。

僕もそうなのですが、コルセットってちょっと抵抗ありますよね…。

ただ、腰痛が悪化すると本当につらいので、悪化する前にコルセットは使いましょう。

コルセットのいいところは、コルセットをつけることによって、姿勢がよくなり、普段の座り方を見直すことができるので、一石二鳥!

コルセットを選ぶポイントなのですが、厚手のものを選ぶと汗がやばいので、できるだけ通気性のいいメッシュタイプなどを選ぶようにしましょう。

Dowinx ゲーミングチェア/オフィスチェア

ゲーミングチェアなら、クッションなどの腰痛対策は最初から備わっています。

特に今のゲーミングチェアは、長時間座っているのを前提に作られているので、腰痛対策も他のイスと比べたら段違いです。

一日中座って作業をする方は、ぜひイスにこだわってみましょう。

イスが変わると世界が変わります!

座りっぱなしだとなんで腰痛になるの?

なんで座ってるだけで、腰が痛くなるのでしょうか?

重いものを持ってるわけでもないのに…。

ただよく考えると、腰が痛くなる原因がわかります。

座っているときの姿を想像してみてください。

上半身の重さを常に腰で支えてますよね。

動くときも腰を中心に動くことになります。

立ってるときは、ひざや足首など様々な箇所で支えることができますが、座っているとそれが腰だけになってしまいます。

座っている状態は、立っているときよりも約40%も腰への負担が増加し、背中や腰を丸めるような姿勢で座ると、約95%も腰への負担が増えるそうです。

つまり、デスクワークで座っている時間が長い人ほど、腰痛になってしまうということです(泣)

ただ、これで解決策も見えてきます!

腰への負担が腰痛の原因なので、できるだけこの負担を減らせば、腰痛とおさらばできるというわけです!

腰痛にならないためには?

腰痛対策グッズを使うだけではなく、そもそも腰痛にならないためには、どうすればいいのかを紹介していきます。

腰痛がずっと直らない方は、ぜひ実践してみてください。

座る姿勢を見直す

日ごろの姿勢を見直してみましょう!

姿勢を直すと、腰への負担がかなり減ります。

この機会に、自分が変な座り方をしていないか、確認してみてください。

腰に負担がかかる座り方

どんな座り方が、腰に負担がかかるの知っておきましょう。

下記を確認して、当てはまる項目が多かったら要注意です!

こんな姿勢で座っている人は要注意!
  • 背中を丸めて座っている(猫背)
  • パソコンのモニターに対して、斜めに座っている(左右対称じゃない)
  • 足を組んで座っている(毎回同じ足が上になっている)
  • 肘をついたり、頬杖をついている

当てはまっていましたか?

僕は、肘をついたり、頬杖をつくことはありませんでしたが、その他はすべて当てはまっていました…。

腰に負担をかけない座り方のコツ

腰に負担をかけない座り方のコツは、背筋や骨盤をまっすぐにすることです。

すごーく当たり前なのですが、結局これが一番!

試しに、背筋を伸ばしてまっすぐ座ってみてください。

楽になりませんか?

腰に負担をかけない座り方
  • イスに深く腰を掛けて、背もたれと背中の間の空間をなるべくなくす
  • 背もたれと背中の間にクッションを入れ、背筋が自然な位置に固定されるように調整する
  • ひじの角度が90度くらいになるようにイスの高さを調整する
  • お腹と机の間をこぶし1個分くらい(7~8cm)空けるようにする

正しい座り方は、意識をしないと難しいです。

楽な座り方=正しい座り方、になるように、日ごろから心がけましょう。

腰に負担がかからない座り方ができれば、血流も改善されるので、酸素が脳に行きわたり、業務に集中することもできます。仕事の効率をアップさせるためにも、正しい座り方を意識し、体に負担がかからないようにしてください。

ひどい腰痛の場合はすぐ病院へ!

腰痛がひどいと思ったら、すぐ病院にいきましょう。

時間がたてば大丈夫かな?って思っていても良くなりません。

というか病院に行けば、かなり短時間で痛みが取れる可能性があります。

僕は、イスから立ち上がれないぐらいの腰痛になったことがあります。

朝も布団から出るのに一苦労だし、車に乗り込むのも時間がかかるような状態でした…。

これはさすがにやばい!と思って病院に行ったのですが、レントゲンを撮っても特に問題はなし。

そこで、痛み止めとシップをもらったのですが、それだけで2時間以内に楽になりました。

薬ってすげー!と今でもそのときの感動を覚えてます(笑)

なので、腰痛がひどいと思ったら早く楽になるためにも、病院に行きましょう!

まとめ

僕の周りでもデスクワークで腰痛に苦しめられてる人が多数います。

みんなそれぞれ対策はしているのですが、痛みがなくなると腰痛の辛さを忘れてしまいます。

ひどい腰痛になると、仕事にも支障が出るので、日ごろから姿勢を気を付けたり、腰痛対策グッズで予防をしておきましょう!

スポンサードリンク